アニメ 夏雪ランデブー オリジナル・サウンドトラック

アニメ 夏雪ランデブー オリジナル・サウンドトラック

オススメ度 ★★★★☆

発売:2012年10月24日 収録時間:75分 定価:3059円 レーベル:ERJ



ノイタミナで放送された河内遥氏の漫画原作のアニメ「夏雪ランデブー」。
松尾衡監督ということで音楽の強みはお墨付き。
音楽担当は村松健氏ということで、女性向け漫画的嗜好の耽美なピアノを展開。
会話劇を乱さないことも考慮された絶妙なバランス。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1片思いの予感1:25村松健
2君は笑っていて~ひかりの窓辺~3:53
3君は笑っていて~思い溢れて~2:02
4君は笑っていて~切ない時間~2:19
5惚れるってこと1:27
6好きなことを仕事にするということ1:49
7ワーキングハイ1:55
8Waltz of sweet sweet aroma2:42
9出逢いは異なるもの1:54
10終わらないパズル1:14
11Silent crow3:55
12相合い傘1:48
13Let’s kiss!1:17
14S氏の休日1:23
15ひとりきりの弱音1:53
16Rappin’ bass2:10
17温もりがあれば1:59
18Lowering sky2:47
19Pure and painful1:43
20生きてるってこと1:53
21懐かしい背中2:22
22Extended warp1:53
23妖精の招待1:48
24Deep sea’s silent for D’s texture1:43
25Alarm cry1:57
26Flowerful corner2:37
27美しい涙1:21
28想い残して2:13
29満天のラブソング2:10
30Improvisation no.114:10
31Idea~覚悟のとき~1:50
32自由のエレベーター2:15
33未来は果てしなく3:12
34SEE YOU(アニメサイズVer.)1:31Jin NakamuraJuli Shono松下優也
35あなたに出会わなければ~夏雪冬花~(TVsize)1:33百田留衣玉井健二、百田留衣aimerrhythmAimer
 河内遥氏の漫画原作で、ノイタミナ枠での放送がされた「夏雪ランデブー」。
 透明感ある雰囲気を作り出しながらやってることは割と寝取りだった凄い作品。
 監督が「ローゼンメイデン」「RED GARDEN」の松尾衡監督ということで、監督御用達のプレスコ収録会話劇に耐え得る音楽が必要なのである。

 音楽は村松健氏。アニメは「スケッチブック」「紅」「うみものがたり」に次いで4作目となる。
 村松氏といえばとにかくその輝くようなピアノ使いが魅力。
 指定、仕様からアンビエント的な要望が当初からあったかメロディアスさこそ排除されているがサウンドの透明感、アレンジの綺麗さにかなり磨きがかかっており、会話劇の途中などにそれを全く邪魔せず、なおかつ演出力をもった美しさを放つ事に成功している。

 何より女性向け漫画の音楽であるからして、その感情表現の細やかさには機敏に対応している。
 そこに一番華を与えており、なおかつ作中で最も聞こえてきたのが「Flowerful corner」で、ピアノの上に乗るストリングスが毎度毎度演出も込みで「感情の発起」を生み出せていた。

 弱点を挙げるなら時間が短いトラックが少し多いことだが、比較的些末なことである。
 村松氏の音楽を期待する人間からしてみれば、いつも通りかつ期待通りの音楽性だ。
 アンビエント的な作りも村松氏のピアノ使いなら悪い方向には動かないので、聴き易く、薦めやすい完成度の高い一枚に仕上がっている。
 ブックレットには村松氏のコメントが掲載。
 イラストは谷口淳一郎氏、デザインはRyotaro Kawashima,Sayuri Shiozakiとの表記(Sony)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。