TV ANIMATION NO.6 ORIGINAL SOUNDTRACK

TV ANIMATION NO.6 ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2011年9月21日 収録時間:39分 定価:3150円 レーベル:アニプレックス



ノイタミナで放送されたあさのあつこ原作のアニメ「No.6」サントラ。
劇伴はムーンライダーズのリーダーである鈴木慶一氏。テレビアニメは今作が初となる。
本作はエレクトロニクスとアコースティックの半々で構成されているが、全体的に暗め。
収録時間に対しての定価もバランスが悪く、割ととっつきにくいアルバム。


N0.曲名時間作・編曲作詞
1Spell(TV SIZE)1:31LAMA
2めぐり会い2:04鈴木慶一  
3嵐の夜に2:06  
4ヴァガボンド1:36  
5輝かしい未来2:07  
6ディストピア2:10  
7ヒビノイトナミ2:04  
8シンキング・オブ・ユー2:03  
9タノシイヒビ2:06  
10寄生蜂2:06  
11あのひとは、今2:04  
12ひとりのとき1:36  
13スタティック・シティ2:02  
14虚空2:05  
15理想なるものの歪1:37  
16風のレクイエム~エリウリアス~3:04あさのあつこ大地真央
17風のレクイエム~マオの民~2:54細谷佳正
18未知なる世界1:36  
19六等星の夜(TV SIZE)1:32Masahiro TobinaiaimerrhythmAimer
 あさのあつこの小説が原作で、ノイタミナ枠で放映されたアニメ「No.6」。
 スーパーカーの元メンバーも参加するLAMAの主題歌や、とてもホモ臭い脚本が話題になったような、なってないような。
 ノイタミナの「一般向け」というコンセプトをあさのあつこというネームバリューにしか感じない作品。

 音楽を担当するのはムーンライダーズのリーダーである鈴木慶一氏。
 これ以前に「東京ゴッドファーザーズ」を担当しているが、テレビアニメは本作が初となる。
 そしてムーンライダーズのメンバーで回さず、鈴木氏一人で全編作曲しているのも他のアニメサントラでは無いもの。

 監督・音響監督の案ということで、本作はエレクトロニカとアコースティックに二分されている。
 電子楽器は前半、アコースティックは後半という具合だ。
 どちらもテイストとしてはかなり暗い。分かり易い、気持ち良いイージーリスニングにはならないだろう。
 ちなみにこのマニアック気味の音は後に「アウトレイジ」で存分に発揮されるものである。
 何にせよキャッチーさは皆無と言っていいだろう。

 また、本編で重要なテーマ曲になる「風のレクイエム」は鈴木氏作曲、あさのあつこ氏作詞のボーカル。
 大地真央氏の歌唱をオリジナルに、細谷佳正氏のヴァージョンも収録されているポップスサウンドだ。
 ポップスながら大地真央氏の声の広がりが心地よく、ムーンライダーズに寄りすぎない綺麗な曲に仕上がっている。
 細谷氏のヴァージョンはとてもキャラソン臭がして賛否あるかも。

 低くない完成度にしてもとっつきにくめの音楽ベクトル、しかも40分にも満たない収録時間。
 しかもこれで3150縁フルプライスなのでいっそ二枚目と統合してもいいくらいの割に合わなさだ。
 あまり気前の良いアルバムではない上に扱いづらいので、ちょっと評価に困る一枚。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。