NieA’s Blues

NieA’s Blues

オススメ度 ★★★★★

発売:2000年8月25日 収録時間:46分 定価:3059円 レーベル:パイオニアLDC



アニメ「NieA_7」がなぜかP-vineと組んで発売したアルバム。
作中の店やラジオなんかで流れていた既存のブルース曲を集めている。
戦前戦後問わず名曲雑草問わずぶち込まれた、ごった煮初心者向けブルースコンピレーション。
このノイズがたまらないんだ。


N0.曲名時間作・編曲作詞・歌
1Mojo Hand2:31LIGHTNIN’ HOPKINS
2On My Way2:39Roy Hawkins
3Drafting Blues3:09Floyd Dixon
4Oh Zee Zas Rag2:45Blind Boy Fuller
5So Far Away2:23Preacher Stevens
6Boogie Woogie Baby2:46Jim Lockhart
7You Got To Crawl Before You Walk2:15Eddie Lang
8Corinna Blues3:06Blind Lemon Jefferson
9I Like To See You Walk2:55John Lee Hooker
10Mississippi River Blues2:43Big Bill Broonzy
11You Don’t Love Me2:26George Smith
12Gloom and Misery All Around2:55Roy Hawkins
13Baby Come Home2:44Floyd Dixon
14Crying At Daybreak3:55Howlin’ Wolf
15If I Let You Get Away With It(You’ll Do It All The Time)3:51Tampa Red
16Pua Eno Hana Viola Solo Version2:30大輪好男
 ブルースの老舗レコード会社P-vineがWOWOWのSFへたれ脱力アニメ「NieA_7」と組んで発売したアルバム。
 劇中の店やラジオなどで流れた、既存のブルース曲が収録されている。
 厳密に言えばサントラではないが、必聴のアルバムである。

 まさに「ブルース初心者のアニオタのための入門アルバム」。
 今作に集められているのは戦前も戦後も問わなければ知名度も問わない。
 ブックレットでも説明されているが、名曲もあれば其の辺に投げ売られたレコードの曲なんかもあるそうだ。
 しかも、レコード音源。とにかくノイズだらけ。状態は悪いの一言。
 だがこの手の古典ブルースにノイズがあると、逆に味となってしまうのがたまらない。

 とにかく渋い。自分もジャンルとしてブルースには全く詳しくなかったが、本作をきっかけの一つに掘り下げ始めた。
 いろんな意味合いで、ブルース玄人は特に聞く必要のないアルバムではあるが。
 P-vineとしても「布教アルバム」ということで作ったそうだが、そもそもこの作品の知名度からして布教出来ているのかのはご愛嬌である。

 布教できていることが一番望ましいのは間違いないが……そう言う当サイトも知名度がなく布教はできそうにない。

 16曲目の大輪好男氏によるBGMはボーナストラック。サントラにも未収録。
 この退廃的なブルースまみれを「NieA_7」として終わらすには相応しい構成である。少々こじつけだが。
 入門アルバムとしては実に良い一枚ではあると思うので、「ブルースに興味がある!」という方はここから手を出してみてもいいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。