『Phantom~Requiem for the Phantom~』オリジナルサウンドトラック Vol.2

『Phantom~Requiem for the Phantom~』オリジナルサウンドトラック Vol.2

オススメ度 ★★★★☆

発売:2009年9月30日 収録時間:75分 定価:3000円 レーベル:ランティス



ニトロプラス×虚淵玄の「Phantom」TVアニメサウンドトラック第二弾。
引き続き七瀬光氏が担当。物語後半の音楽を収録している。
大まかな雰囲気は前作と変わっていない。打ち込みが強化された印象。
が、前作と比べてインパクトがかなり強まっている。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1カタストロフ2:08七瀬光
2ファントムチルドレンA2:00
3Haste and pursuit version1:35
4Battle of crimson2:03
5日常のひとこま2:11
6静寂と恐怖2:42
7リズィ別離2:11
8Canzone of heart2:49
9Nostalgic2:06
10過去からの誘い1:48
11キャル1:50
12Canzone of choir2:27
13air&suspisoin1:57
14Requiem cello1:13
15Canzone of voice2:03
16Requiem2:12
17Whisper of meadow partⅡ1:51
18Discover2:06加藤達也
19Superstar2:56
20スネークヘッド2:18
21ファントムチルドレンB2:37
22家族 Phantom2:31
23甘い生活A2:07
24甘い生活B2:28
25高校2年生2:00
26仁義11:58
27仁義22:34
28汝、運命を知る2:49
29美緒2:02
30悶え2:29
31ニュートラルからエクスタシー0:49七瀬光
32清らかな終わり1:02
33日常からサスペンスへ0:54
34涙から深刻へ0:52
35Catch0010:20
36Catch0020:16
37Catch0030:19
38Catch0040:18
39CORD0010:14
40CORD0020:12
41CORD0030:12
42戦慄の子供たち(TVedit)1:31片倉三起也宝野アリカALI PROJECT
43Transparent(TVedit)1:32KOKIA七瀬光KOKIA
 ニトロプラス10周年記念企画である「Phantom~Requiem for the Phantom~」サントラ第二弾。
 引き続き七瀬光氏による音楽に加え、加藤達也氏による楽曲が追加展開されている。
 物語後半の音楽や、ブリッジ集などが収録された完結編。

 前作ではあまりピンと来なかったが、意外にも2枚目の方が聞きごたえがあるという状態。
 混声合唱や弦楽ピアノもそうだが、最も顕著なのはテクノミュージックだろう。
 「ファントムチルドレン」2曲のようなトガったノリの音楽は前作には見られない傾向だ。
 また、マフィア用音楽としての「スネークヘッド」も挑戦的に実に格好いい。
 「Phantom」の暗さを残しながらもTV版ならではの雰囲気を混ぜ込んだ良い作風である。
 「高校2年生」「甘い生活」のような明るいポップスまでいくと行きすぎな気はしないでもないが……。
 何より目玉は「Discover」と「汝、運命を知る」。これがあるだけで前作との評価に差がつくのは必然だろう。
 打ち込みを使った曲としてはOVA版どころか原作に負けないはずだ。
 他にもボサノヴァやヒップホップめいたボーカルが混じるバラエティ性もあり、飽きさせない。
 だが終盤の小ネタ音楽集までいくとちょっと行き過ぎなので、この辺はおまけ感覚で。
 にしても気合いがやたら入っている気もするのだが。

 物語前半と後半の雰囲気の違いからくる方向性の変化だと思うが、こちらの方が魅力的。
 どちらかと言えば前半の方がクールな見せ所だったはずではあるが、調理を誤ったような感じだ。
 「Phantom」らしさにギリギリの派手さが加えられており、面白い音になっている。
 しかし他の特徴あるサントラと比べればまだまだ没個性なのは否めないか。
 1枚目を聴いて「?」となった人も、意外とこちらに手を出してみるとまた違うかもしれない。
 イラストは佐々木睦美。デザインはOverDriveDesign。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。