PSYCHO-PASS Complete Original Soundtrack

PSYCHO-PASS Complete Original Soundtrack

オススメ度 ★★★★☆

発売:2013年5月29日 収録時間:123分 定価:3059円 レーベル:SMR



Production I.G×虚淵玄×天野明でノイタミナにて放送された「PSYCHO-PASS」。
総監督には「踊る」シリーズや「SP」の本広克行が抜擢される大型コンテンツ。
そして本広克行作品といえば欠かせないのが菅野祐悟劇伴。
2枚組123分のボリュームで、近未来刑事ドラマミュージックが幕を開ける。


No.Disc 1 曲名時間作・編曲作詞・歌
1PSYCHO-PASS6:39菅野祐悟
2法と秩序2:37
3潜在犯2:14
4ドミネーター3:11
5サイコハザード2:53
62:20
7犯罪係数2:00
8廃棄区画1:59
9予言者1:39
10観察眼2:03
11刑事の勘1:50
12犯罪遊戯2:31
13シビュラの傀儡1:42
14チェックメイト1:44
15命の在り方3:55
16誰も知らないあなたの仮面1:42
17甘い毒2:39
18精神構造1:38
19その銃口は、正義を支配する5:24
20支配と権力3:13
21槙島聖護3:24
22Trigger Finger!!!2:19Shoko
No.Disc 2 曲名時間作・編曲作詞
1PSYCHO-PASS Symphony6:40菅野祐悟
2シビュラシステム4:22
3ボーダーライン1:48
4命の重みと尊厳2:26
5人の心1:10
6公安局刑事課一係1:51
7猟犬の嗅覚1:39
8猟犬の習性2:08
9楽園2:21
10神託2:06
11聖者の晩餐2:15
12秩序1:50
13神の意識3:07
14偶像1:40
15免罪体質2:17
16矛盾に満ちた世界4:05
17強迫観念2:28
18レモネードキャンディ0:34
19ホログラム1:37
20精神の疫病2:04
21初期衝動2:08
22揺ぎない信念3:01
23望み2:19
24abnormalize(TV edit)1:29TK凛として時雨
25名前のない怪物(TV Edit 92s ver)1:38ryoEGOIST
26Out of Control-アニメバージョン-1:30Nothing’s Carved in Stone
27All Alone With You(TV Edit)1:30ryoEGOIST
 Production I.G製作、虚淵玄脚本、キャラ原案天野明氏で人気を(特に女性に)博したノイタミナアニメ「PSYCHO-PASS」。
 「踊る」「SP」「サマータイムマシンブルース」の本広克行氏が総監督を務めた。
 実写畑の人が監督に座るアニメは「ASTORO BOY 鉄腕アトム」などがあるが、かなり珍しい。

 
 本広克行作品で刑事ドラマとなれば、勿論劇伴担当は菅野祐悟氏になる。
 菅野祐悟氏もどちらかというとドラマや映画のほうが活躍の目立つ作曲家。クラシカルなオケとテクノサウンドが特徴的だ。
 アニメは「鉄腕バーディー DECODE」以来3年ぶり。前々から人気だったが、今作で更にファン層を広げたのではなかろうか。

 
 今作サントラのうち、30曲程はDVDBD特典のサントラと重複している。
 しかしリマスタリングしてることと、15曲ほどの追加がこちらにあるので、特典サントラを無理して手に入れる必要は皆無。
 近未来SFの刑事ものということで、硬質なエレクトリックさと荘厳な管弦の使い分けで演出がなされている。
 最も目立つ、メインテーマにあたる冒頭「PSYCHO-PASS」は流石に力が入っていて格好いい。
 打ち込みのビートの上に目まぐるしく管弦が乗る素直なスタイリッシュさで、「SP」のメインテーマを彷彿とさせる1曲である。
 また、「ドミネーター」はCMなどでもよく聞けた、左右の音の入れ替わりの激しいヘッドホン推奨曲。
 「刑事ドラマにSFが混ざった」感じがうまく出ている本作を代表するアレンジで、この辺りを目当てにする方も多いであろう。

 
 しかし全体的に、一部のメロディラインやリズム濃厚な曲に対し、重めで地味な印象の曲が散見されるのが弱点という感覚がある。
 「PSYCHO-PASS Symphony」のような「SP」でもあったような荘厳なクラシカルさでサスペンスを演出する手管などはお見事なのだが、大ボリュームの中でこのサントラを聴き続けるには、集中力が持たない瞬間がある(そもそもサントラに集中力が不要と言われればそれまで)。
 ドラマが陰鬱な空気になり続けるためか、割を食った要素だと感じる。

 
 とはいえ、メロディアスさはないにも関わらず決してマニアック過ぎない美味しいバランスは非常に邦画的で大きな魅力。
 硬派だけど聴きやすい、中々ないアルバムに仕上がっているのではないだろうか。
 ピアノで哀愁のまま終わるのもまた一興。ハードな世界観を味わおう。
 デザインは草野剛デザイン事務所の林弘樹氏。
 イラストは高橋裕一氏。デザインは三河真一(ROKKEN)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。