新白雪姫伝説プリーティア オリジナル・サウンドトラック Vol.1

新白雪姫伝説プリーティア オリジナル・サウンドトラック Vol.1

オススメ度 ★★★★☆

発売:2001年6月22日 収録時間:55分 定価:3059円 レーベル:パイオニアLDC



佐藤順一総監督、佐山聖子監督、WOWOWにて放送された「プリーティア」。
変身ヒロイン、逆ハーレムと抑えるところは抑えている。
音楽には大森俊之氏を起用し、OPEDも作編曲。
インストもOPEDのアレンジが多い。


No.曲名時間作・編曲作詞
1White Destiny3:55大森俊之飯塚麻純石田燿子
2運命ナノダカラ…1:45
3トキメキのココロ2:28
4昼下がり、のどかMODE2:46
5溜息ついてもイイじゃない2:08
6明朗快活な乙女ナリ。2:21
7面影は心の奥に2:35
8セツなさ、ジーンと2:35
9素直になれなくてネ3:09
10いかんなく発揮してください!1:07
11Good Morning!淡雪Family2:16
12胸ん中に響くメロディー3:37
13夕陽に向かって走れ1:14
14ヘコみの調べ2:20
15ラテンなユーウツ 僕、田中。1:06
16いざ!いざ!!いざ!!!0:26
17How to プリート2:03
18負けないキモチ、全開!2:22
19悲しみに効くクスリ2:37
20ココロの扉が開く時2:39
21グランド・フィナーレ1:19
22Lucky Star3:45飯塚麻純吉田小百合
23White Destiny(TV-size A-type)1:45石田曜子
24White Destiny(TV-size B-type)1:45
25Lucky Star(TV-size)1:21吉田小百合
 「ガッチャマン」の名を冠しながら全くガッチャマンらしくなく、それでいてガッチャマンの本質を突き詰めた作品、それが「ガッチャマンクラウズ」である。
 「C」のスタッフが再集結しており、中村健治監督、長崎行男音響監督、そして岩崎琢氏の音楽とそろい踏みである。

 
 印象としては、「グレンラガン」「ヨルムンガンド」辺りの良いとこどり、という具合。
 クラブサウンドは今まで以上にバリバリギザギザと打ち込まれており、今堀恒雄氏のギターも弾け飛ぶし、ダブステップやシンセベースも留まる所を知らない。
 そして岩崎音楽といえばそういったデジタルサウンドとオケの融合が印象的だ。いつもはストリングスのカッコよさが目立つが、本作はいつもに増して金管もクールに聞こえてくるのが楽しい。そしてかなりエグい音を利かせているにも拘わらず圧倒的に聴き易いのが凄い。
 濃厚に音が詰まっているはずなのだが岩崎音楽の軽薄さがそれを感じさせない。駆け抜けるような疾走感とヒーローらしい勇壮さが混ざり合い、新感覚のヒーロー音楽となっている。

 
 これを目当てに購入する人はさぞ多いことであろう「Gotchaman~In the name of Love」。ゴスペル的な「GATCHAMAN!」の叫びと、岩崎工氏によるラップからオケへの流れがとても美しい。この進行は「ヨルムンガンド」アール回の「The first step to escape from complex」にも良く似ている。
 注目なのは「Ziel der Hydra(ヒュドラの標的)」。女性ソプラノとクラブアレンジを合わせた曲だ。これは「グレンラガン」の決め曲「“Libera me”from hell」を思い出させる編曲となっている。
 9話にてカッツェの暗躍を演出した「カッツェのテーマ」たるこの曲によるその演出を、「意志あるスタッフによる奇跡」と岩崎氏が絶賛するほどの演出力を発揮したもの。
 そしてこれに限らず、「クラウズ」の音楽は奇跡的な威力を持つ曲がいくつもあり、デジタル、ラップ、オケなどを導入した岩崎氏の一時の総決算めいたものを感じた。

 
 そして最後は流麗なストリングスサウンド「LOVE」で締める。「愛の名の下に」から「愛」へ。愛に始まり愛に終わる。これが「ガッチャマンクラウズ」である。
 主演の内田真礼によるED曲がフルで収録されているのは嬉しい。これでさらに締められるとアルバムとしても「クラウズ」の追体験としても気持ちよく終われるのだ。
 エグさと力強さと軽さを兼ね備えた2013年を代表する名盤。2500円とリーズナブルなので是非。
 イラストは高橋裕一氏。デザインは三河真一(ROKKEN)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。