しろくまカフェ ミュージックプレイリスト

しろくまカフェ ミュージックプレイリスト

オススメ度 ★★★★★

発売:2013年1月25日 収録時間:76分 定価:3150円 レーベル:エイベックス・マーケティング



夕方に突如出現したシュールギャグアニメ「しろくまカフェ」。
愉快な動物たちを演じる声優陣の豪華さが話題となった。
音楽担当は栗コーダーのメンバーの近藤研二氏。
「サザエさん的」なのんびり音楽が目指された結果、見事な脱力感に。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1ボクにインビテーション/TV Size1:31JPSUI椎名慶治JP
2Rough & Laugh/TV size1:31ミト(clammbon)ミト(clammbon)、原田郁子ミト(clammbon)
3しろくまカフェ 営業中1:41近藤研二
4おでかけ2:12
5パンダくん0:43
6ペンギンさん0:51
7ときめきリンリン1:15
8お試し中0:47
9おとぼけ0:47
10おとぼけ 大慌て0:35
11人気者はつらいよ1:00
12今日は、うれしい1:28
13今日は、うれしい<title>0:07
14しろくまカフェ 昼下がり2:14
15蝶を追って1:13
16大熊猫邸の庭で1:45
17退屈しのぎ1:32
18ダジャレの応酬1:18
19不思議な客人1:18
20たくらみ1:22
21シラーン1:29
22ドッカーン1:10
23しろくまカフェ 大忙し1:02
24おやすみ、ありがとう1:59
25EC パンダくん、転がる0:09
26パンダライダー1:28
27ロッキーパンダ1:23
28グリズリーバー1:15
29陽気な仲間2:07
30アイロニーでお茶を1:25
31メロメロリンリン~ウハウハリンリン1:46
32ペンギンさんのメルヘン0:52
33ロマンス組曲5:11
34女難の相 七羽目の浮気?1:46
35同じ星を見ていた3:07
36EC しろくまカフェ 大忙し?0:13
37バケーション2:03
38今日は、運動会1:14
39猛獣ブルース1:59
40まハロウィン1:25
41南極戦隊ペンギンジャー1:01
42悪のテーマ ユーディプテス属1:09
43季節のメニュー Lunch1:54
44ほのか、笹子さん1:30
45ハイハイ1:05
46いたずら0:53
47いたずら 加速中0:50
48ドッカーンドリーム1:05
49パンダはやわらかに笹を食み1:12
50眠る動物園1:49
51しろくまカフェ 準備中1:21
52生き残れ!シロクマ1:03中山浩佑ヒガマハロ、細川徹MC469MA(櫻井孝宏)
53ヤマアラシ☆トゥナイト!1:38間瀬公司ヒガマハロヤマアラシ(宮野真守、近藤孝行、藤原佑規、伊藤陽佑)
 ヒガアロハ氏原作ですたじおがピエロが送る4クールアニメ「しろくまカフェ」。
 櫻井孝宏氏、福山潤氏などの超豪華な声優たちが全員喋る動物を演じることが話題となった。
 サザエさんよろしくな超脱力シュールギャグアニメ。

 
 音楽を担当するのは近藤研二氏。栗コーダーカルテットの一員だ。
 栗コーダーといえば「あずまんが」などの脱力音楽において頂点に達する存在と言っていいだろう。
 本作は「サザエさん」的音楽が目指され、日常ものである以上に脱力音楽が必要だった。
 そして近藤氏は喋る動物が入り乱れるこのシュールギャグアニメは最適とも言える人材だろう。

 
 管弦をフル活用しだ「ダメダメ感」や、ウクレレ、二胡まで用いてのギャグは近藤氏ならでは。
 しかも演奏の面々にもガチな人を連れてきているのは流石栗コーダーの一員。
 その結果リコーダーを使わずとも間違いなく栗コーダーのそれに匹敵する、超心地良いギャグ脱力日常音楽が出来上がっている。
 「技巧を凝らして脱力する音楽が作られる」というのは、「劇判」というものが生む音楽において有数の面白い音楽と言える。
 何せ音楽だけで「面白い」と思わせるために作られている。コミックソングとはまた違った「楽しさ」を生み出すため、全力が注がれている。
 ブックレットでの近藤氏が言う通り、表情の動かない動物たちの、「表情の代わり」を担っている存在であると言えるだろう。
 
 ラストの2曲は悪ふざけ。櫻井氏による決死のラップは必聴。
 ヤマアラシ軍団のジャニーズ風歌曲もたいへん笑える1曲である。
 しかも作詞はどちらもヒガマハロこと原作者・ヒガアロハ氏だったりする。

 
 2013年発売サントラを代表する脱力系音楽サントラ。
2012ベストオブ脱力サントラがキルミーだとするならば、それに比べこちらはかなり正統派な脱力なので聴き易い。
 脱力系は大好きよ!という人や栗コーダーファンは是非手に入れるべし。
 だが4クールアニメの音楽をこの一枚で終わらす訳にはいかないので、次が出ることを祈る。
 デザインは川崎有紀氏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。