『ソニックライダーズ シューティングスターストーリー』 オリジナルサウンドトラック “Zero Gravity Tracks”

『ソニックライダーズ シューティングスターストーリー』 オリジナルサウンドトラック “Zero Gravity Tracks”

オススメ度 ★★★★★

発売:2008年1月17日 収録時間:65分 定価:2310円 レーベル:WAVE MASTER



Wiiで発売された「ライダーズ」シリーズ第2作。
「ソニックライダーズ シューティングスターストーリー」である。
今作は「浮遊感」を一つのテーマにしているので、
クラブミュージックの質も変化を迎えている。


N0.曲名時間作・編曲作詞
1Un-gravitify4:20床井健一runblebeeCashell
2Meteor Falls0:48小林秀聡
3When Robots Attack1:11
4Through Traffic4:45澤田朋伯
5Spiral Madness5:39
6Mystery Of The Meteorite1:35熊谷文恵
7Gadget Round3:46
8Aquatic Time3:42
9The Divine Wings2:37床井健一
10Give Me The Power1:49
11Sealed Ground3:46
12Full Speed Ahead0:30
13Dive Into Gravity3:36熊谷文恵
14Babylon Garden1:14小林秀聡
15The Lightless Black2:40
16Stop The Black Hole1:23
17The Core4:54床井健一
18After The Storm0:47
19Wish And Hope0:56
20Catch Me If You Can3:36runblebee
21Blast Town3:49熊谷文恵
22Multi Attack3:49
23Un-gravitify~Electro Extended~4:10床井健一runblebeeCashell
 PS2、GC、箱で発売された「ソニックライダーズ」次回作「シューティングスターストーリー」。
 前回が「空気・風」がテーマだったのに対し、「重力・浮遊感が」ゲームシステムテーマだ。
 壁を走る、ドリフト、超加速と重力を操った行動が可能になった。

 最初、主題歌「Un-gravitify」がその「重力感」を表現してくれる。
 ギターリフ、ベースラインとテクノ伴奏がうまく浮遊感を出せており、丸くて尖ってはいないが出来の良い床井健一氏らしい隠れた名曲である。
 同じく床井氏による「ソニックライダーズ」でも使っていた「Catch Me If You Can」。
 「シューティングスター」版のアレンジが施されているのだが、同じ歌詞を使っているだけの全く別の曲と化しており、ワイルドながらも「浮遊感」を決めたアレンジは個人的には原曲より好み。

 ステージ曲も尖った音より丸い音を使ったクラブミュージック。
 これによって乱雑なスピード感よりもまとまった音が出ている。
 正しく床井健一氏と熊谷文恵の本領分である。
 しかし本来のソニックよりもループの意識が強かったり、メロディラインもあまり作らないのが「ライダーズ」音楽なので、そういったソニック音楽だけが好きという人にはオススメしづらい。

 しかし歌モノもインストもいいバランスで仕上がっているので、ちょっとした抵抗さえなければ問題ない。
 例によってセガストアのみだったが、本作はきちんとベスト盤でなくiTunes storeで発売されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。