PLANETARY PIECES:SONIC WORLD ADVENTURE ORIGINAL SOUNDTRACK

PLANETARY PIECES:SONIC WORLD ADVENTURE ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★★★

発売:2009年1月28日 収録時間:201分 定価:4200円 レーベル:WAVE MASTER



PS3に進出したての「新ソニ」の失敗を経て、よりゲーム性を改善。
その結果隙の無い傑作となったのが「ソニックワールドアドベンチャー」。
音楽のメインを張るのは大谷智哉氏と江口貴勅氏。
東京フィルハーモニー交響楽団を起用してのフルオケなども見もの。


N0.Disc 1 曲名時間作曲編曲作詞
1Endless Possibility4:11大谷智哉Jaret ReddickJaret Reddick from Bowling For Soup
2Cutscene-Opening5:39江口貴勅大谷智哉
3Cutscen-A New Journey1:34大谷智哉&江口貴勅江口貴勅
4Apotos-Day3:19熊谷文恵
5Windmill Isle-Day5:03大谷智哉
6Cutscene-The First Night1:03江口貴勅
7Cutscene-Tails in Trouble!0:25
8Intro:Windmill Isle-Night0:07熊谷文恵
9Windmill Isle-Night2:54
10Apotos-Night3:03
11Cutscene-To Spagonia!1:11江口貴勅
12Tornado Defense-1st Battle1:53熊谷文恵
13Mazuri-Night2:59
14Intro:Savannah Citadel-Night0:08
15Savannah Citadel-Night3:02
16Cutscene-Same as Ever1:03江口貴勅
17Cutscene-Gaia Manuscripts1:25
18Cutscene-Eggman Again0:43小林秀聡
19Cutscene-Sonic Appears0:13江口貴勅
20Mazuri-Day3:00熊谷文恵
21Savannah Citadel-Day3:50大谷智哉
22Cutscene-The Egg Beetle0:44江口貴勅
23Boss Battle-Day4:48小林秀聡
24Boss Stage Clear0:10大谷智哉
25Cutscene-Temple Activated!0:17江口貴勅
26Cutscene-Planet Pieces0:18
27Holoska-Day3:01熊谷文恵
28Cool Edge-Day5:22大谷智哉
29Spagonia-Night2:41床井健一
30Intro:Rooftop Run-Night0:08大谷智哉
31Rooftop Run-Night3:08
N0.Disc 2 曲名時間作曲編曲
1The World Adventure-Orchestral Theme-4:14大谷智哉江口貴勅
2Gaia Gate1:57熊谷文恵
3Chun-nan-Night3:42床井健一
4Intro:Dragon Road-Night0:08
5Dragon Road-Night3:10
6Boss Battle-Night4:51小林秀聡
7Cutscene-Eggman’s Idea2:44
8Rooftop Run-Day3:55大谷智哉
9Spagonia-Day2:33床井健一
10Chun-nan-Day3:16
11Dragon Road-Day3:08
12Holoska-Night3:18熊谷文恵
13Intro:Cool Edge-Night0:08
14Cool Edge-Night2:42
15Cutscene-Project Dark Gaia1:13小林秀聡
16Shamar-Day3:03床井健一小林正弘
17Arid Sands-Day4:01大谷智哉
18Empire City-Night2:56熊谷文恵大谷智哉
19Intro:Skyscraper Scamper-Night0:08熊谷文恵
20Skyscraper Scamper-Night2:44
21Shamar-Night3:03床井健一小林正弘
22Intro: Arid Sands-Night0:08床井健一
23Arid Sands-Night3:48床井健一大坪正&小林正弘
24vs.Titan & Big Mother2:42床井健一小林正弘
25Empire City-Day2:39熊谷文恵大谷智哉&小林正弘
26Skyscraper Scamper-Day3:08熊谷文恵小林正弘
27Stage Clear0:10大谷智哉
28Result Screen-E Rank0:45
29The World Adventure-Piano Version1:28大谷智哉江口貴勅
30The World Adventure-Jingle0:11江口貴勅
N0.Disc 3 曲名時間作曲編曲作詞
1Werehog Battle Theme3:27床井健一小林正弘
2Adabat-Night2:35床井健一
3Intro:Jungle Joyride-Night0:08
4Jungle Joyride-Night4:31
5Adabat-Day2:22
6Jungle Joyride-Day5:02大谷智哉
7Cutscene-Chip’s Change0:54江口貴勅
8Cutscene-Chip’s Memories1:19
9Cutscene-No Reason1:46大谷智哉江口貴勅
10Tornado Defense-2nd Battle1:53熊谷文恵
11Cutscene-Eggmanland0:54小林秀聡
12Eggmanland Entrance2:18
13Eggmanland-Day2:41床井健一
14Eggmanland-Night3:24
15Cutscene-The 7th Continent0:14江口貴勅
16Cutscene-Congratulations0:39大谷智哉江口貴勅&小林正弘
17Cutscene-The Egg Dragoon0:39小林秀聡
18vs.Egg Dragoon5:28小林秀聡大谷智哉
19Cutscene-Dark Gaia Appears1:56江口貴勅
20Cutscene-Shrines in Flight0:18
21Cutscene-Hour of Awakening0:38
22vs.Dark Gaia3:33小林秀聡
23Cutscene-Dark World~ Hope and Despair1:10江口貴勅
24Cutscene-The Final Form0:41
25Super Sonic vs.Perfect Dark Gaia3:45大谷智哉
26Cutscene-Annihilation0:23江口貴勅
27Cutscene-Rekindled Light~Save the Speech2:14大谷智哉江口貴勅
28Cutscene-To the Surface1:09江口貴勅
29Cutscene-Always0:40
30Dear My Friend6:09南波真理子南波真理子&江口貴勅Candie YBrent Cash
 PS3進出した新ソニこと「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」はロードなど各所が悪評。
 そういった不満点を改善し完全にPS3クオリティのソニックを安定させたのが、この「ソニックワールドアドベンチャー」である。

 「新ソニ」がかなりハードな展開だったのとは打って変わって、CGデフォルメからも分かるようにポップめのテイストとなっている。
 それに伴って今回のメインサウンドディレクターである大谷智哉氏の柔らかな作風が目立つ。
 何より「ソニワド」は世界中の舞台を巡って回るので、曲ごとの色彩も非常に豊かで、ヨーロピアンからアラビアン、中華風な要素をソニックらしいスピード感あるものに仕上げる。
 また「ソニワド」は各ステージ・町がヘッジホッグの「昼音楽」とウェアホッグの「夜音楽」に分かれ、「昼」こそいつものソニックのテイストだが、「夜」はブラスの効いたジャジーなノリが増える。

 「新ソニ」以降イベント用の曲などに疑似オケを用いることが増えてきていたが、今作では何とメインテーマ「The World Adventure-Orchestral Theme-」にフルオケを用いている。
 東京フィルハーモニー交響楽団を演奏に起用し、さながらピクサーの映画のよう。
 オーケストレーションを担当する江口貴勅氏は新ソニから参加しているが、今作では全編に渡っておよそオーケストレーションと呼べる作業にはほぼ参加していると言っていい。
 だから実質本作のメイン音楽は大谷智哉氏と江口貴勅氏の二人でもあるのだ。
 ラストバトル音楽も「新ソニ」に倣ってのバンド&疑似オケ主題歌アレンジとなっているので、大谷氏らしい盛り上げ方が疑似オケであることを忘れさせてくれる具合。

 ボーカルは2曲と少なめな上にシリーズで見かけない名前が出ているが、名曲。
 ポップ&パンクバンド・Bowling For SoupのボーカルであるJaret Reddickを起用したメインテーマ、「Endless Possibility」の爽やかさ満天のリフはシリーズでも随一と思われる。
 またメロディと歌詞が新ソニ並に反則・ネタバレなED「Dear My Friend」も素晴らしく、「歌モノが2曲しかない!」という不満を吹っ飛ばせる破壊力を持つことに成功している。

 バラエティ豊か、それでも一貫性があり、大谷智哉氏の地位を更に盤石にした一作。
 隙が全くなくなっているのでゲーム未プレイでも何の問題もなく聞ける完成度だ。
 ゲームも傑作に進化するならば、音楽も勿論傑作なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。