大正野球娘。 音楽集

大正野球娘。 音楽集

オススメ度 ★★★★★

発売:2009年10月7日 収録時間:78分 定価:3000円 レーベル:ランティス



文字通り大正時代の少女たちに野球をさせるラノベ原作アニメ「大正野球娘。」。
メディアミックス単位で方向性が大幅に変わる作品で、
漫画版はギャグ、アニメ版はスポ根の様相を示していた。
音楽には服部隆之氏。時代性を加味した良質の室内音楽。


N0.Disc 曲名時間作曲編曲作詞
1浪漫ちっくストライク。(TV size)1:31服部隆之大久保薫rino
鈴川小梅(伊藤かな恵)、小笠原晶子(中原麻衣)、
川島乃枝(植田佳奈)、宗谷雪(能登麻美子)
2大正日和4:03服部隆之
3パイノパイノパイ(東京節)1:27Henry Clay Work服部隆之添田さつき
鈴川小梅(伊藤かな恵)
4一日の始まり0:07服部隆之
5麻布の街並2:10
6お転婆で失礼!1:40
7可憐なお嬢1:29
8東邦星華桜花会1:40
9ところで野球って何ですの?1:31
10うまくいきませんわ…1:18
11プレイボール!1:20
12ピンチですわ…0:50
13二人の距離2:18
14流れゆく時間1:23
15遣らずの雨1:59
16雨の調べ0:59
17胸騒ぎ0:43
18岐路1:42
19女の意地1:59
20一人じゃないから4:35
21練習開始!1:38
22ちょっと一息1:32
23駆け込みセーフ!?0:24
24不可思議0:51
25巡る思考1:11
26可憐に、参りますわ!1:26
27頭脳労働中1:06
28かみ合わない会話1:24
29女の友情1:47
30夜空1:32
31染まる頬1:02
32悩み多き年頃2:03
33銀幕物語1:21
34胸のモヤモヤ0:37
35不審と疑惑1:05
36辻打ちに候!0:39
37全力疾走!1:26
38ピンチですわ…0:42
39大ピンチですわ…2:03
40言い出せなくて1:08
41二人の気持ち1:11
42悪い予感1:26
43制限時間1:08
44長い夢1:34
45茜色の空2:00
46そして、歩き出す1:21
47重なる思い1:42
48私たちの中に生まれたもの2:32
49ユメ・ミル・ココロ(TV size)1:30渡辺拓也畑亜貴伊藤かな恵
50パイノパイノパイ(東京節) カラオケ1:33Henry Clay Work服部隆之
 大正時代にあって野球を始める少女達を描くライトノベル「大正野球娘。」。
 漫画版はギャグに、アニメ版はスポーツアニメとして特化しており、
 アニメ版がより物語性を強調しその為の音楽が用意されている。

 作曲は服部隆之氏。元々、氏の音楽は煌びやかな楽器使いがあるため、本作との相性は良い。
 基本的なスタイルは綺麗な室内音楽での情景描写。時代性を取り込むため、「大正日和」に代表されるようにマンドリン等を琴に見立てて和風要素を出しているのが特徴的だ。
 スポーツものの音楽としての泥臭さではなく、少女達の物語を彩る透明感を出していて、ノスタルジィを包容した爽快感と聴き易さを備えている。

 玉に瑕と感じるのは、コメディ用や不安音楽など、劇判的な短さの曲が多いこと。
 ただしその分長い曲があることや、78分とCD一杯に曲が詰め込んであることを思えば、充分に元は取れる。バランス的にもそこまで悪くはないので劇判としては正しいあり方。
 終盤用のキメ音楽がもう少しインパクトに富んでいたら更に魅力を増していたかもしれない。

 50曲という詰め込み、室内音楽としてのまとまりと、素直で勢いある良盤。
 作品知名度の中途半端さも考えると、プチ隠れた、と付けるのが妥当か。
 「カレイドスター」「ラブライブ!」などの系統とはまた違ったタイプの頑張る女の子音楽。
 ジャケットデザインは佐野三美子(Command Space)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。