劇場版『TIGER & BUNNY-The Beginning-』オリジナルサウンドトラック

劇場版『TIGER & BUNNY-The Beginning-』オリジナルサウンドトラック

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2012年10月31日 収録時間:54分 定価:3000円 レーベル:ランティス



人気アニメ「TIGER & BUNNY」の劇場版第1弾サウンドトラック。
映画の半分がテレビ版の総集構成なので、あまり変わり映えがないことと、
新キャラ用のBGMのインパクトに少し欠けるのが惜しいところ。
次作に期待するのが得か。


N0.Disc 1 曲名時間作・編曲
1HERO N.C.1978-The Beginning Ver.-8:24池頼広
2Party1:23
3Skating Rink0:31
4HEROES vs The Giant2:38
5Welcome Bar I1:31
6Welcome Bar Ⅱ1:19
7Transform Heroes3:18
8Robin2:10
9Flame & Ice3:07
10Schtellenbilt Shocks1:02
11TIGER & BUNNY vs Robin I2:52
12TIGER & BUNNY vs Robin II2:27
13BIG TREE2:09
14Dear Father1:03
15The Resolution3:21
16Dash Fight!Barnaby0:33
17Never Fight!Kotetsu2:57
18Training Room0:57
19Drive for Tomorrow1:25
20The Rising Flash I0:50
21The Rising Flash Ⅱ0:53
N0.Disc 2 曲名時間作・編曲作詞
1Happy Birthday to me & us4:20渡辺翔こだまさおり
バーナビー・ブルックスJr.(森田成一)
2Happy Birthday to me & us(Instrumental)4:17
 サンライズの人気アニメ「タイバニ」の劇場版第1弾「TIGER & BUNNY-The Beginning-」。
 最初の2話とオリジナルエピソード半々といったところの構成の映画だ。
 映画から「タイバニ」を知ってもらう人のための作品。

 という訳で、池頼広氏によるオーケストラも今作に限ってはその面が強い。
 つまり、テレビ本編サントラの焼き増し的な部分が大きいという事だ。
 元々が映画風のサウンドで展開してしまっているために、オケ、ジャズ共に「映画音響へのレベルアップ」を楽しむこともできない。
 勿論まるきり変わってないという事はなく重厚にはなっているが。

 問題は新キャラ、新エピソード用の音楽。
 新NEXT「ロビン」の曲に鮮烈さがない。それを中心に全体として同じだ。
 そうなると更に「劇場」感が失われ、新しいものを感じている気がしなかった。
 テレビ版エピソードと地続きなために、エピソードそのものもそうだったが、「BEGINING」は新エピソードすらも雰囲気の復習用なのだな、と感じられる部分でもあった。

 極めつけは2曲、実質1曲しかないディスク2の存在。
 バーナビーのバースデイソングなのだが、これで「ああ、我々はこのアルバムの顧客ではない」と確信。
 なのでその点について否定の心を出すのはお門違いということになってしまった。

 「サントラは持ってなかったけどバーナビーのキャラソンは聞きたい」人が買う一枚?
 兎にも角にも全般的に物足りない部分が多かった。
 ブックレットには米たにヨシトモ監督と池氏の対談が掲載。
 ジャケットイラストは羽山賢二氏。デザインは渡邊宏一氏(2725 inc.)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。