Sailing to the World

Sailing to the World

オススメ度 ★★★★★

発売:2004年4月23日 収録時間:36分 定価:1800円 レーベル:SLEIGH BELLS



台湾で発売されたゲーム「The Seventh Seal~第七封印~」。
一部音楽をこしらえたのは日本を代表するゲーム音楽家光田康典氏。
ボーカルに小峰公子氏、ギターに吉良知彦氏、ヴァイオリンに壺井彰久氏など、
サントラというかただのエスニックコンピレーションに。


N0.曲名時間作・編曲作詞・歌
1The Door3:28光田康典
2Sailing to the World3:32小峰公子
3Melody of Aqua3:20
4Rhythm of Red3:33
5Path to Enlightenment2:55
6Confrontation2:37
7Melody-Go-Round3:56
8Point of No Return5:00
9Hope3:06
10Reincarnation5:15小峰公子
 台湾で発売された大作PCゲーム「The Seventh Seal~第七封印~」。
 日本では未発売のゲームだが、光田康典氏が音楽を一部提供していた。
 本作はその10曲分をまとめたミニ・アルバム。値段もお手ごろだ。

 36分と短いながらも、前述の値段の安さがそれをカバーしている。
 何より音楽は一級品だ。光田氏の武器がうまいこと表面に出てくれている。
 今作にはZABADAKの夫婦、吉良知彦氏と小峰公子氏、そしてヴァイオリンの壺井彰久氏が参加。
 小峰氏のボーカル曲は光田氏得意の北欧的なエッセンスとアジアンな歌声、造語がユニゾンして神々しい。
 またインストもエスニックなものや疑似オーケストラによる戦闘音楽が入り混じり、それら全て無国籍感を演出出来ていてゲーム音楽らしさとアルバム一枚がうまくバランスを取っている。
 全体的に包容力のある優しいメロディが展開されているので、あまりえげつない民俗音楽が得意じゃない人にもお勧めだ。

 こう説明するとエスニックの要素が魅力と思えてしまうが実のところは、上記のトンデモ面子によるバンドサウンドが一番クールな出来だ。
 ボーカル系2曲でその威力が発揮されており、流石の一言。
 そもそも演奏メンバーからしてZABADAKやVita Nova系統の企画アルバムそのもの。
 この面子で良盤にならないわけがないので、これらの名前がお好きな方々は、是非とも必聴の価値ある一枚に仕上がっている。

 多少マイナー気味な扱いを受けているが、光田氏の代表作と言ってもいい一枚。
 折角のお安いお値段なので、この機会に手に入れてみてはいかがか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。