宇宙刑事ギャバン THE MOVIE オリジナルサウンドトラック

宇宙刑事ギャバン THE MOVIE オリジナルサウンドトラック

オススメ度 ★★★★☆

発売:2012年10月17日 収録時間:61分 定価:3150円 レーベル:日本コロムビア



「ゴーカイジャーVSギャバン」を経て、ついに完全復活。
30年の時を超え、「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」が封切られた。
ゴーカイの時と同じく宙明先生の担当はかなり少ないのだが、
それに負けじと「継承」に挑む山下康介氏を聴いて欲しい。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1プロローグ2:11山下康介
2襲撃2:55
3メインタイトル~撃のテーマ0:47
4ザン・バルド VS ギャバン2:56渡辺宙明、山下康介山下康介
5銀色の戦士の正体1:02山下康介
6決意1:13
7魔空城のテーマ2:41
8星形のペンダント1:00
9「かなた」での出来事2:16
10潜入捜査0:30
113人の約束1:44
12操られた人々1:43
13地軸転換装置作動1:37
14残されたペンダント0:42
15変わりゆく想い1:10
16ブライトンの企み0:55
17方程式の行方1:18
18予期せぬ再会2:23
19撃、ピンチ!0:34
20烈、登場!0:53渡辺宙明山下康介
21囚われた衣月0:36山下康介
22失望0:51渡辺宙明山下康介
23男なんだろ?4:53山下康介
24撃、目覚める!0:34
25魔空空間へ、ようこそ3:32渡辺宙明山下康介
26ギャバン、蒸着!0:51
27宇宙刑事ギャバン-type G-3:38和田耕平山川啓介串田アキラ
28シャリバン、シャイダー登場!1:41山下康介
29それぞれの戦い5:18渡辺宙明、山下康介
30膨張する宇宙2:26山下康介
31ギャバン、ハイパーダイナミック!0:32
323人の絆3:27
33宇宙刑事ギャバン3:17渡辺宙明馬飼野康二山川啓介串田アキラ
 栄えあるメタルヒーローシリーズ第1作、伝説の「宇宙刑事ギャバン」。
 「ゴーカイジャーVSギャバン」にてスクリーン復活を果たしたギャバンだったが、ついに単品で完全復活。
 それが「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」である。

 音楽は「ゴーカイ」の時と同じく、山下康介氏と渡辺宙明先生の共作で、宙明先生の担当作品もその時と同じで殆ど無い。
 しかし、本作でそうあって欲しいと筆者が願っていたのが、「新世代への継承」である。
 懐古は「ゴーカイ」の時に全て清算したのだ。ならば「ギャバン」は次に進まねばならない。
 映画本編はそれが出来なかった。烈から撃へのバトンタッチは、なかった。
 撃のドラマは冗長で、あろうことか、烈の賛美までやってしまった。
 音楽も、それに引っ張られた。山下氏の中盤の音楽は、少し退屈になる部分がある。
 しかし「ゴーカイ」では宙明氏との融合を図っていた山下氏の音楽は、「新ギャバンを担うための」挑戦をしている。
 宙明先生への愛を残しながらも、次のステップへ進もうとしていた。

 全編曲が宙明先生のものも含めて山下氏のものであることからもそれは伺えるし、「撃のテーマ」「方程式の行方」など、ギャバンを生まれ変わらせるための努力をしている。
 新ギャバンのための「ギャバン、ハイパーダイナミック!」が山下氏のみの作曲なのもそうだ。
 それはたまらなくカッコいいし、これは新しいヒーローのための音楽だった。

 ブックレットは豪華。メインビジュアルを使ったポスターと、
 金田治監督、鈴木武幸取締、日笠淳営業部長、加藤和夫P、佐藤現P、そして山下康介氏と渡辺宙明先生のコメントが掲載されている。
 更に30年前の「宇宙刑事ギャバン」の楽譜と山川啓介氏の作詞メモまで掲載。
 ファンにはたまらないブックレットである。デザインは片倉デザイン室。
 宙明先生への感謝と山下康介氏への賞賛のために、本作を聴いてみて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。