Avalon ORIGINAL SOUNDTRACK

Avalon ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★★★

発売:2001年1月19日 収録時間:107分 定価:2625円 レーベル:メディアファクトリー



押井守監督作品、実写映画「Avalon」のサウンドトラック。
作曲は川井憲次氏。演奏はワルシャワ・フィル。
偏屈の塊、押井守監督による、邦画なのに舞台もキャストもポーランドというよくわからない映画。
川井憲次ファンならおすすめの一品。


N0.曲名時間作・編曲
1City135:06川井憲次
2Log off2:34
3Voyage to AVALON4:06
4Murphy’s Ghost2:46
5Bishop0:40
6Nine Sisters3:55
7Ruins C663:02
8Gray Lady(Ash)4:50
9Flak Tower 221:27
10Ruins D993:12
11The Ghost Hunting3:21
12Voyage to AVALON(Orchestra ver.)10:19
13Tir na mBan2:28
14Log in6:22
 かーいさんこと川井憲次氏とワルシャワフィルの2012年現在唯一のコラボ。
 内容はいつもの押井守×川井憲次音楽。
 全体的に川井憲次氏の特徴である「神々しい邪悪さ」が散りばめられており、クオリティは一級品。

 1曲目含め、全体的に環境音から構成されたSEかのようなマニアックな曲が続く。
 その中でも「Log off」はテレビ番組でもよく聞く名曲であり、このアルバムのハイライトとも言えるだろう。
 ワルシャワ大音響で行進するかのような打撃音とコーラスは川井憲次音楽の良い部分が上澄みのように表されている。
 「Nine Sisters」などもバラエティ番組でよく使われる曲。
 同じメロディのコーラスがただひたすら繰り返される恐怖の曲である。
 「Log in」は「Log off」の作中使用盤。曲展開が微妙に違っており、音階も高い。

 川井憲次氏を代表する良盤であり、メロディ、音響ともに申し分ない。
 収録時間も値段も問題なく、川井憲次氏が聞ける人になら誰にもでおすすめできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。