宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナルサウンドトラック Part.3

宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナルサウンドトラック Part.3

オススメ度 ★★★★☆

発売:2013月9月25日 収録時間:43分 定価:3000円 レーベル:ランティス



リブートヤマト「2199」完結編サウンドトラック。
本来は製作予定ではなかったものの、出渕監督の要望で生まれた新曲分がメインで構成された。
つまり「第六章」~「第七章」のための映画音楽、という具合になっている。
これにて「宇宙戦艦ヤマト2199」は堂々完結。正しく大団円、だ。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1夕日に眠るヤマト(短い)0:39宮川泰&宮川彬良
2ヤマト乗組員の行進1:25
3哀しみのBG(真っ赤なスカーフ)1:16
4太陽のサスペンス0:48
5ワープ0:51
6ワープ(Bタイプ)0:50
7さわやかに降る星0:29
8ヤマト乗組員の行進(短い)0:25
9絶体絶命(短い)0:14
10ヤマト大エンディング0:18
11大エンディング(弦)0:16
12大エンディング(弦なし)0:17
13サスペンス風エンディング0:20
14無限に広がる大宇宙(弦なし)1:42
15無限に広がる大宇宙(コーラスのみ)1:42
16空母の整列1:59
17デスラー襲撃2:42
18孤高のデスラー2:10
19帝都防衛戦(「ヤマト渦中へ」バリエーション)1:32
20第2バレラス1:48
21崩れゆく総統府~希望0:54
22虚空の邂逅1:59
23虚空の邂逅(短い)1:33
24碧水晶2:04
25ショッキングなスカーフ0:43
26哀しみのヤマト(オーボエのみ)0:55
27大いなる愛(導く魂)1:27
28イスカンダルの過去1:05
29哀しみ(沖田の死)1:38
30地球の緑の丘(旅立ち~帰還、そして明日への希望)3:18
31R.I.P~友よ静かに眠れ~(Short Size)1:46福山芳樹須藤賢一影山ヒロノブJAM Project
32宇宙戦艦ヤマト(TVOP Short Size)1:33宮川泰宮川彬良阿久悠Project Yamato 2199
 新ヤマト、堂々と完結。「2199」の最後のサウンドトラック、Part.3である。
 今作は本来製作される予定がなかったアルバムで、急遽六、七章のために作られた音源を使用している。
 つまり質としては実写映画サントラに近く、より映像と脚本とのピンポイントマッチを意識されたものだ。
 
 補完アルバムとしての意味合いが強い部分は「Part.2」に近いが、それでも熱い新曲が眠るのがヤマトだ。
 童貞をこじらせてラスボスになった終盤デスラーを象徴する一曲「デスラー襲撃」。
 「Part.1」の名曲をアレンジした「帝都防衛戦」に、際立って美しい弦楽を見せつける「虚空の邂逅」。
 最後まで詰めるべき要素は詰める、という出渕監督と宮川彬良氏の執念と情熱が伺える。

 そして「地球の緑の丘」の大団円こそが、トップクリエイター達の夢見た「ヤマト」を出迎える想いに他ならない。
 特に「虚空への邂逅」はお気に入り。古代と雪の再会シーンを演出した曲だ。「ガンダムF91」を彷彿とさせるシチュエーションの中のこのメロディは販促級の演出力だった。
 新曲での攻めだけでもなく、「大いなる愛」などの旧作ファン歓喜のチョイスも忘れないのはお見事。
 ただし「大いなる愛」はむしろ別の旧作曲にほぼ同じ演奏の曲があったような……?
 
 それらを鑑みても、本作はより「宮川彬良」の作品である側面が強い。
 それも決して宮川泰氏を蔑ろにする意味合いではなく、氏の意志を継承した者として意味合いだ。
 映画的な作りであるせいで、未見の人間のためのアルバムではないが、それでもこの力強さは揺るがない。
 
 褒め言葉としての意味での「補完」。以前話題にされた音質問題もいくらか改善された(らしい)。
 補完である限り手放しに褒めることはできないが、必聴の価値ある作品である。
 ブックレットの出渕監督をフィーチャーした談話でもまた余韻に浸れる。テレビサイズのボーカルが茶々を入れてる空気も否めないが、許せる範囲内だ。
 アートディレクションは渡邊宏一氏(2725 inc.)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。