宇宙兄弟 ORIGINAL SOUNDTRACK

宇宙兄弟 ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★★★

発売:2013年12月4日 収録時間:174分 定価:3500円 レーベル:アニプレックス

 



ニチアサ、夕方と盤石の地位を手に入れた人気作品「宇宙兄弟」。

音楽も高品質で、円盤特典だったものの晴れて完全版が発売。

音楽は渡辺俊幸氏によるバンド&フルオーケストラ。

マッチョでパワフルな実写作品ライクBGM。


No. Disc 1 曲名 時間 作・編曲
1 宇宙兄弟のテーマ 3:02 渡辺俊幸
2 宇宙への道 2:26
3 船外活動 2:02
4 南波家の人々 1:29
5 モジャとツン 1:26
6 忘れていたあこがれ 3:28
7 ダニーボーイ 2:21
8 約束 3:31
9 シャロン 2:21
10 半欠けの夢 2:00
11 かわりばんこに覗いた光 2:45
12 しまってあった想い 2:41
13 アポダッシュ 1:26
14 うきうきムッタ 2:28
15 曲がったネクタイ 1:30
16 俺のだけ少ない! 1:43
17 泡立つ男 1:37
18 父のものまね 1:41
19 閉鎖環境 1:45
20 グリーンカード 1:53
21 眼下の地球 1:49
22 スペースセンター 2:36
23 カウントダウン 0:38
24 リフトオフ!! 1:20
25 月周回軌道 1:02
26 夢は舞い降りた 1:09
27 ロケットロード 3:04
No. Disc 2 曲名 時間 作・編曲
1 空飛ぶモジャ 2:02 渡辺俊幸
2 キャンサット製作 1:41
3 ブルースーツ 2:19
4 心のノート 2:24
5 受け継ぐ夢 2:19
6 砂漠の夜 2:01
7 生きた石ころ 2:03
8 星の涙 2:38
9 そして誓う 2:27
10 ピコ 1:47
11 Mr.ヒビット 1:29
12 まかしとき! 1:42
13 生還への選択 2:17
14 サバイバル 2:25
15 銀の荒涼 2:20
16 酸素残量ゼロ 2:12
17 闇の兆し 2:06
18 悲しみを越えて 2:12
19 黒い谷間で 2:20
20 氷結のまなざし 1:36
21 コントロールじいさん 1:39
22 祈り 2:17
23 不治の病 2:04
24 天国のような地獄 2:04
25 エマージェンシーコール 1:59
26 友からの11件目のメール 2:22

 

No. Disc 3 曲名 時間 作・編曲
1 雲間の青空 2:11 渡辺俊幸
2 夢の引継ぎ 2:21
3 宇宙飛行士の娘 3:01
4 俺は宇宙飛行士! 2:17
5 エディのテーマ 1:59
6 自分の場所へ 2:26
7 ムリしてね! 2:03
8 コロネがふっとんだ頃ね!? 1:52
9 ヒューストンライフ 1:38
10 ジョーカーズ 1:42
11 共に酒を飲もう 1:22
12 慣れない新生活 1:42
13 見えないゴール 1:47
14 すれちがう心 1:48
15 消せない過去 1:47
16 ベッドの下に隠した想い 2:32
17 生きてる兄貴 2:39
18 俺の行き先 2:17
19 静かな熱意 2:34
20 Rick 2:03
21 灰色の空の下で 2:25
22 アクエリアス 2:44
23 ミスター・ヒビット用 1:08
24 チームアンツのわかめ男 2:09
25 エディのテーマ~ISSにて~ 1:24
26 ムーンワーカー 1:58
27 月を目指して 2:23
28 少女オリガ 2:44
29 意志の表れ 2:22
 「モーニング」連載の人気漫画「宇宙兄弟」。読売・日本テレビ系列での青年漫画原作アニメは16年ぶりである。
 サウンドトラックは元々BOXの特典であったが、1年越しに3枚組を抱き合わせて完全版として発売した。

 
 音楽担当は渡辺宙明氏の実子である渡辺俊幸氏。
 マッチョかつパワフルなオーケストレーションやバンドサウンドは今作でもたっぷり聞くことが出来る。
 特にCMなどでも良く聞かれるメインテーマメロディの変奏である「ロケットロード」は、渡辺氏らしい力強いオーケストラとエレキギターでかなりキャッチ―で聴き易い一曲。
 「エレキギターでメインメロディ」というのには渡辺氏も渾身の直観があったようだ。

 
 全体通して、作曲・オーケストレーションともに1曲1曲細かく丁寧な仕事の印象。
 この3枚組3時間弱のボリュームでも捨て曲になるような手抜きはほぼ見られず、不安系音楽ですら凝った編曲を聴くことができるほどである。
 メイン級の曲が多い1枚目などはこれ1枚だけでもサントラとして満足できてしまうだろう。
 今作と同年、同時期に「マジェスティックプリンス」サントラを発売した渡辺氏だが、渡辺氏らしさを残しながらもまた「マジェプリ」とは違った趣を見せているのも流石の一言。

 
 所々にファンサービスもある。例えば「本棚探偵の冒険」はOVAの「すべての叡知を英国へ!」のアレンジだ。
 また、「影が行く」の途中、金管の入りが完全に「007」になっており、遊び心が満載。
 後は「ふ・わ・ふ・ら」。「ヨコハマ買い出し紀行」ED曲(岩崎氏作曲)と同名だが、この曲に関しては何となくメロが似ていなくもないくらいしか共通点は見いだせていない。

 
 とにかく丁寧で力強く、穴が無い高品質さを見せつけてくれる1作。
 渡辺俊幸氏という作家のポテンシャルがこれでもかと聞けるアルバムである。
 3500円でも一切損が無いので、放送で気に入った人は迷わず手に入れるべし。
 ブックレットには渡辺俊幸氏、及び渡辺歩監督のコメントが掲載。アートディレクションは竹田康紀氏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です