TVアニメ ワルキューレロマンツェ オリジナルサウンドトラック

TVアニメ ワルキューレロマンツェ オリジナルサウンドトラック

オススメ度 ★★★★☆

発売:2011年6月1日 収録時間:74分 定価:3150円 レーベル:ポニーキャニオン



「またエロゲ原作かー」とぼうっと見ていたらこれが出来が良く、
地味にファンも付いた「ワルキューレロマンツェ」アニメ版。
音楽にはこの時期働き詰めな中西亮輔氏。
オケやジャズなど、西洋音楽で小粋にまとめた逸品。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1UN-DELAYED-TVsize-1:35fandelmalefandelmale、酒井拓也畑亜貴橋本みゆき
2PRELUDE2:09中西亮輔
3FANFARE1:44
4PREVIOUS1:53
5BEGINNING2:10
6DISCIPLINE2:09
7GRACE1:30
8MISTAKE1:27
9BRAINSTORM2:03
10STIMULATION1:29
11FOR FUN1:32
12STRANGE1:34
13DOUBT1:41
14VIGOR1:32
15REPORTING LIVE1:50
16NEGOTIATION1:35
17SUNNY SPOT1:35
18RETURN PATH1:53
19RED BRICK1:52
20PEACE OF MIND1:38
21SASAMI1:39
22MoonRise Romance arrange ver.2:30山田祐輔中西亮輔
23EYECATCH A0:09中西亮輔
24DELUSION1:36
25FASCINATION1:45
26SENPAI1:37
27TARTE TIME1:35
28NEXT STORY1:43
29TWILIGHT2:11
30WISH1:53
31EARL GREY1:37
32PRETERITE1:35
33BASIC LECTURE1:39
34DESTINY1:39
35WELCOME HOME1:40
36CONFUSION1:28
37SPIRIT1:42
38REMEMBRANCE1:42
39CHALLENGE1:42
40DETERMINATION1:25
41UN-DELAYED arrange ver.2:19fandelmale中西亮輔
42EYECATCH B0:09中西亮輔
43MoonRise Romance-TVsize-1:33山田祐輔こだまさおり麻生夏子
 RicottaによるPCアダルトゲーム「ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語」のアニメ化。
 企画としては「プリンセスラバー!」の系譜であるのだが、今回は輪をかけて気合の入ったアニメ化だ。
 ジョストシーンのCGやその混ぜ方は一級品だし、スタッフの多くがその後「ヤマノススメ」に流れてもいる。
 2013年のアニメの中でもダークホースな立ち居地でその存在感を示した良作である。

 音楽にはこの時期引っ張りだこであった中西亮輔氏。氏の器用さがプラスに働いている。
 舞台がヨーロッパでの騎士物語ということで、テイストはヨーロピアンでまとめる方向性だ。
 アルバム前半はジョストシーンを彩る戦闘音楽。これはオーケストラでガッチリ固めており、この後「ダイミダラー」で氏が見せるような力強いオケが展開する。
 特に意識されてるのは音の強さであり、ジョストシーンでの馬の足音や剣戟音に力負けしないための構成がなされている。

 後半にあるのは日常シーンや心情音楽。
 北欧音楽テイストで西洋感を出そうとしているものもあるが、中心核はジャズだ。
 ジャズは「力が入ってるかどうか」がパッと聞きで分かりやすい。
 故に、このジャズにきちんとした演奏・生音が入ってスイングしていると、それだけでかなり印象が良くなる。
 中西氏の器用さはここにまったく手を抜いていないので、西洋音楽でのアルバムバランスが綺麗に取れているのである。
 勿論民俗音楽も手抜きをしているわけではない。あえて言うなら、ピアノが他に力負けしているところか。

 明確に弱点を挙げるならば、音楽性のキャッチーさ、構成のバランス感覚の割にメロディ性は強く無いところ。
 或いは指定があったのかもしれないが、作品内容や音楽性を鑑みるに、強いフレーズが一つあってもよかったように思える。

 しっかりした企画力に、丁寧な内容で一枚のアルバムを構成している良盤。
 個人的には中西氏の代表作にしていいのではないかと思える作品なので、エロゲ原作だと忌避せず聞いて欲しい。
 イラストは原作原画のこもりけい氏。ジャケットデザインは古橋幸子氏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。