TVアニメーション「WORKING!!」オリジナルサウンドトラック

TVアニメーション「WORKING!!」オリジナルサウンドトラック

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2011年1月26日 収録時間:78分 定価:3675円 レーベル:アニプレックス



ヤングガンガンの漫画原作のアニメ「WORKING!!」。
アクの強いキャラクターたちによるドタバタファミレスコメディ。
BGM担当はMONACAから3人ほど。
特典の地獄を超えて現れた商品版は、果たして。


N0.Disc 1 曲名時間作・編曲
1ワグナリアへようこそ!1:06MONACA
2アワアワファミレスバイト2:02
3困りっぱなし1:57
4個性的すぎる店員たち1:41
5お仕事中です。1:32
6退屈な午後1:49
7報われない想い1:40
82:00
9幸福な閉店1:35
10今月のシフト1:37
11北海道某所1:43
12小鳥遊家の事情1:53
13小鳥遊の言い分1:35
14VS1:39
15大人の事情1:26
16観察眼1:36
17自問自答1:41
18スキンシップ1:40
19ちっちゃくないよ!1:22
20へこみ1:34
21大切な一日1:40
22武士1:33
23ノロケ1:09
24説得1:36
N0.Disc 2 曲名時間作・編曲作詞
1最高の”女の子”1:47MONACA
2山田出現!1:23
3ズレッぱなし1:44
4うららかな公園1:36
5これ以上は…1:30
6ワグナリア休憩室1:40
7幸せな空気1:32
8本日快晴1:28
9トラブルの予感1:07
10昨日のこと1:12
11男性恐怖症1:08
12暴走0:52
13忘れられない日1:50
141:07
15静かな怒り1:25
16トラブルメーカー1:11
17ワグナリアのマスコット1:07
18ミニコン1:04
19店内BGM 11:34
20店内BGM 21:43
21店内BGM 31:32
22店内BGM 41:31
23店内BGM 51:36
24次回予告0:25
25ジングル 10:13
26ジングル 20:13
27ジングル 30:11
28ジングル 40:11
29ジングル 50:08
30ジングル 60:05
31ジングル 70:06
32ジングル 80:05
33ジングル 90:05
34ジングル 100:06
35ジングル 110:04
36ジングル 120:07
37ジングル 130:05
38SOMEONE ELSE(TV Size)1:33神前暁サエキけんぞう種島ぽぷら(阿澄佳奈)、
伊波まひる(藤田咲)、
轟八千代(喜多村英梨)
39ハートのエッジに挑もう Go to Heart Edge(TV Size)1:33小鳥遊宗太(福山潤)、
佐藤潤(小野大輔)、
相馬博臣(神谷浩史)
40ゴールデン・デイ(TV Size)1:32石濱翔伊波まひる(藤田咲)
 高津カリノ氏原作、ヤングガンガン連載の「WORKING!!」。
 元々はWEBサイトでの活動だったが名前と世界観だけを使って掲載誌版を開始。
 本作はそのアニメ版のサウンドトラックである。
 元々はDVD限定版特典でサントラがついていたが、それらのBGMをほぼ全て収録し、追加分すらあるという中々に極悪な仕様である。
 また、TVサイズで収録されているOPEDと挿入歌は特典でしかフルが聞けないのでさらに極悪。
 しかもブックレットからMONACAメンバーによる作曲詳細が分からないのも最悪だ。

 一応サウンドプロデュースは岡部啓一氏で、作曲メンバーは岡部氏と石濱翔氏、帆足圭吾氏。
 音楽内容としては「俺妹」でも目立ったライト8、90年代ロックとスカサウンド。
 ギターリフの古臭さはコメディ音楽としては逆に効果的でよろしいし、佐々木史郎氏のスカブラスも巧く弾けてキャッチ―に仕上がっている。
 MONACAの音はとにかく聴き易いし耳残りするので劇判としてはかなり優秀、ということ。
 反面、厚みのなさと一曲、アルバムとしてはどうか、という問題も出るが……。
 1曲単位も短いのでより「劇判」になっている側面がある。

 サウンドに関してはMONACAらしい安定したクオリティを保っているが、前述の通り仕様と経緯が最悪なのがいただけない。
 しかも2期直前の発売なので2期のサントラは別に存在する。しかも特典。
 このへんはかなり悪印象なので、評価が下がらざるを得ない。
 でもまぁそんなこと知ったこっちゃないワーキング好きは問題ないだろう。
 パッケージデザインは里見英樹氏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。