TVアニメ WHITE ALBUM2 かずさクラシックピアノ集

TVアニメ WHITE ALBUM2 かずさクラシックピアノ集

オススメ度 ★★★★☆

発売:2013年12月25日 収録時間:37分 定価:2500円 レーベル:F.I.X.RECORDS



エロゲ史に燦然と輝く傑作だったと言えよう「WHITE ALBUM2」。
アニメ化に際し、冬馬かずさのピアノ演奏は誤魔化しが効かなくなる。
クラシックピアノ演奏に松本あすか氏を起用。
ホール録音のクラシック演奏をミニアルバムでまとめた。


N0.曲名時間作曲演奏
1黒鍵のエチュード(ショパン)5:23Frédéric François Chopin松本あすか
23声のシンフォニア 第2番(バッハ)3:03Johann Sebastian Bach
3亡き王女の為のパヴァーヌ(ラヴェル)3:28Joseph-Maurice Ravel
4愛の夢 第3番(リスト)1:32Franz Liszt
5(ピアノソナタ第26番「告別」)第1楽章 告別2:23Ludwig van Beethoven
6(ピアノソナタ第26番「告別」)第2楽章 不在2:59Ludwig van Beethoven
7(ピアノソナタ第26番「告別」)第3楽章 再開2:04Ludwig van Beethoven
8POWDER SNOW3:02下川直哉
 丸戸史明氏脚本で壮絶極まりない三角関係を描いた「WHITE ALBUM2」。
 アニメ版は序章の高校生編のみを映像化し、シリーズ構成も丸戸氏自身が担当。
 アニメの数字次第では序章以降の展開もあるとのことだが、果たして……。

 本作は劇中で使用されたピアノクラシックを集めたミニアルバム。
 厳密には「冬馬かずさの演奏するピアノクラシック集」である。
 演奏はピアニストの松本あすか氏を起用しホール録音と本気も本気。
 ちなみに松本あすか氏は「ボンバーマンジェッターズ」のED1を歌唱していた人物でもある。

 選曲はオーソドックスで、計38分弱と短め。
 残念ながら筆者にはクラシックピアノの演奏を細かく評価する耳がなく、完全に素人としての感想しか出せないのでとても申し訳ない。
 評判も鑑みると恐らく意図的に「未熟な天才高校生の演奏」を再現してるのではないか?と思えるが、そう断言できるほどクラシックピアノの演奏を聞き分けられない。
 少なくとも素人耳においては鑑賞に耐えうる演奏がなされ、しかも「告別」の楽章分けがこれでもかとエグいくらい本編とマッチしている。
「再開」が示唆するゲーム本編のことを思うと胃が痛くてたまらない。

 「POWDER SNOW」はクラシックではなく「WHITE ALBUM」使用された曲のアレンジ。
 元が歌曲であることは忘れさせてくれるクオリティなので流れの上でも問題ない。

 気になるのはコスパ。やはり38分は短すぎる。
 そもそもクラシックピアノのみのアルバムを出したこと自体が賞賛に値するのだが、その意気込みが悪い方に作用した結果でもあるので一長一短である。
 ジャケットイラストは大久保義之氏。デザインは河合英明氏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。