Xenosaga THE ANIMATION Original Soundtrack

Xenosaga THE ANIMATION Original Soundtrack

オススメ度 ★★★★★

発売:2005年5月23日 収録時間:72分 定価:2940円 レーベル:コロムビアミュージックエンタテインメント



PS2でモノリスソフトが発表したSFRPGシリーズ「ゼノサーガ」。
そのⅠのみを1クールでテレビアニメ化した。
音楽担当は光田康典氏ではなく山下康介氏なのだが、
原典にも負けないフルオケを展開し、スぺオペを全う。


N0.曲名時間作・編曲作詞
1神秘なる世界2:18山下康介
2Xenosagaメインタイトル1:35
3戦闘開始1:34
4シオン・ウヅキ2:58
5作戦会議2:09
6戦闘の予兆1:34
7レアリアンの哀しみ2:00
8起動するKOS-MOS2:01
9荒廃した街1:46
10激戦1:50
11生と死と1:54
12迫りくるグノーシス1:59
13デュランダル2:14
14KOS-MOSの想い2:04
15美しきファウンデーション1:45
16休息のとき2:14
17絶体絶命1:04
18こころの在処1:43
19緊急出動0:58
20秘めたる意志1:43
21ただいま休暇中2:07
22巨大戦艦の戦闘2:26
23友情1:26
24潜入1:41
25宿命2:34
262:08
27レクイエム1:49
28謎めくゾハル2:51
29果てしなき戦闘2:51
30ネピリムの歌声2:03
31脅威なる力1:52
32輝ける希望1:30
33ネピリム3:25
34蒼き惑星~終わりなき旅3:11
35in this serenity2:58Roland Lennox五條真由美
 「ゼノギアス」を経てモノリスソフトがPS2で展開した「ゼノサーガ」シリーズ。
 その「Ⅰ」のみをテレビアニメ化したのが「Xenosaga THE ANIMATION」である。
 たったの1クールでやれるようなSFではないものの、限界まで詰めて限界まで再現と昇華に挑み、テレビアニメ版はいわゆる「ゲーム原作はやる気も感じられない」ような流れに抗いきった。

 そんな本作を支える柱の一本は間違いなく音楽である。
 担当は山下康介氏。原典の光田康典氏とは全く違う旋律で演出するが、これがアニメ映像に対して巧くマッチしているのは山下氏の音の気持ち良さに起因する。
 原典のロンドン・フィルの音響に負けるものの、テイストは基本的にフルオケで、インストOP「Xenosagaメインタイトル」で分かるように世界観に合った壮大さも用意されている。
 この「メインタイトル」のメロが全編に散りばめられている劇判的な用法も使いつつ、一曲一曲にきちんと「SF・スぺオペをやる!」という意思を感じられるのが良い。
 この後山下氏はDSの「ゼノサーガⅠ・Ⅱ」の音楽を担当することになるので、業界・スタッフからの評価がどれだけ高かったかが伺えるところである。

 そして何より欠かせないのは本作のみでしか聞けないEDテーマ曲「in this serenity」。
 OP・劇判と同じく山下氏の作曲によるものだが、歌唱はなんと「プリキュア」の五條真由美氏。
 ピアノと弦楽、そして五條氏の超えによる透き通ったバラードはとても「プリキュア」を想起させない。
 英語の歌詞も世界観との競合が意識されている部分で、タイアップではないアニメソングの良さを意識させてくれる。
 恐らくこの曲の為にサントラを買った、或いは欲しいという人も少なくないはず。

 山下康介氏の聴き易いオーケストレーションやピアノが全面的に良い方へ進んだ一枚。
 OP或いはEDでピンと来た人ならば買って損はないし、そうでなくともおすすめしやすい。
 軽い気持ちで聴き通せるように巧くまとまった良盤である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。