ARIA The NATURAL ORIGINAL SOUNDTRACK due

ARIA The NATURAL ORIGINAL SOUNDTRACK due

ARIA The NATURAL ORIGINAL SOUNDTRACK due

ARIA The NATURAL ORIGINAL SOUNDTRACK due

オススメ度 ★★★★☆

2006年5月24日(2009年7月22日再販) 収録時間:60分 定価:3045円 レーベル:flying DOG



癒やし系サントラの金字塔、アニメ「ARIA」第二期「ARIA THE NATURAL」のサウンドトラック。担当はChoro Club feat. Senoo。
前作と比べるとメロディラインは控えめ。
かといってクオリティが低いわけではなく、むしろ良作の一枚である。
OPED曲が普通のTVサイズで、前作のようなアレンジ曲がないのも悲しい。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1ネオ・ヴェネツィアの水彩画1:45笹子重治Choro Club
2ユーフォリア-TVサイズ-1:41窪田ミナ河井英里牧野由依
3夏の妖精2:22笹子重治Choro Club
4運河はめぐる2:30秋岡欧
5サンタクロウスの空~Riverside Christmas Mix~2:54妹尾武
6入道雲の下で4:14笹子重治
7アジサイの小径2:35妹尾武
8星まで続く想い2:52笹子重治Choro Club
9子供の時間2:27沢田穣治
10おかしなふたり1:44秋岡欧
11いつか来た道2:56妹尾武
12篝火のノクターン3:03
13コッコロ-オルガンVer-2:21窪田ミナ河井英里
14アリアの憂鬱2:05秋岡欧Choro Club
15春一番1:13
16ケットシーの行進1:33沢田穣治沢田穣治
17Samba de AQUA2:14笹子重治Choro Club
18遠い小舟3:07
19落陽3:30妹尾武
20花冷え2:55沢田穣治Choro Club
21通り雨がやんだら2:46秋岡欧
22Second Season~出会い~2:02妹尾武
23夕凪2:54笹子重治Choro Club
24夏待ち-TVサイズ-1:38北川勝利ROUND TABLE北川勝利ROUND TABLE feat. Nino
25AQUA-guitar solo-1:37笹子重治
 癒やし系アニメサウンドトラックの定番の一枚。前作と比べると少々パワーダウンしている、とAmazonレビューが荒れている。
 確かに耳残りがしづらくなりアルバムで聞いた時の満足感は若干減ったかもしれない。
 しかしそれを差し引いてもアルバムの完成度は非常に高く、そこいらのアニメサウンドトラックとは比べ物にならない。
 今回は前作よりも妹尾武氏のピアノが目立っている印象がある。
 
 沢田穣治氏の作曲は3曲のみ。前作に見られた「ショーロの新鮮さ」めいたものは少し薄まる。
 しかし二枚目というものは得てしてこういうものである。
 「春一番」「アリアの憂鬱」など、これまた非常にバラエティ番組での使用頻度が高く、聞き覚えはあるはずである。
 後半も勿論落ち着いた曲を中心に構成されている。
 「Second Season~出会い~」などはピアノコレクションとの繋がりも印象的で、2期の音楽の象徴するものでもある。
 
 OP「ユーフォリア」はシリーズのOPでも一番人気の名曲。
 窪田ミナ氏の名前をARIAシリーズで認識した人も多いはず。
 OP形式が特殊である「ARIA」でここまで印象的にできるというのも流石佐藤順一監督というべきか。
 EDも例によってROUND TABLE feat.Nino。前作よりもシンフォニックに流してくる。
 
 「コッコロ-オルガンver-」は故・河井英里嬢による造語ソング。
 ノーマルバージョンはボーカルアルバムで聞ける。
 ちなみに劇中使用の伴奏なしバージョンは未収録。
 
 いつも通りの天野こずえ先生ジャケットは水面の反射が美しい。
 「ARIA」三部作のジャケット的には「昼下がり」の印象。
 前作の完成度故に評価が割れやすいものの、非常に良いアルバムなのでアニメ視聴済の方も未視聴の方も是非どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。