ARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUNDTRACK tre

ARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUNDTRACK tre

ARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUNDTRACK tre

ARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUNDTRACK tre

オススメ度 ★★★★★

発売:2008年2月20日 収録時間:61分 定価:3045円 レーベル:JVCエンタテインメント



癒やし系サントラの金字塔、アニメ「ARIA」第二期「ARIA THE NATURAL」のサウンドトラック。担当はChoro Club feat. Senoo。
前作と比べるとメロディラインは控えめ。
かといってクオリティが低いわけではなく、むしろ良作の一枚である。
OPED曲が普通のTVサイズで、前作のようなアレンジ曲がないのも悲しい。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1七色の空を-OVAサイズ-2:19SONOROUSChoro ClubSONOROUS
2スピラーレ-TVサイズ-1:59窪田ミナ河井英里牧野由依
3落葉の並木道3:16笹子重治Choro Club
4おだやかな午後1:51秋岡欧
5夕闇漕ぎ2:29沢田穣治
6頼りない船出1:50笹子重治
7眠りの森で2:34沢田穣治
8アリアとお散歩1:46笹子重治
9つないだ手と手2:37
10望楼2:25秋岡欧
11アマレットの夏3:01妹尾武
12ジェット気流2:51沢田穣治Choro Club
13未来への航跡3:49妹尾武
14ルーミス エテルネ4:39窪田ミナアリス・キャロル(広橋涼)
15風読み2:59沢田穣治Choro Club
16魔女1:43
17夕立ちのあとで2:52秋岡欧
18quiet tea time2:47笹子重治
19小さな幸せ3:27秋岡欧
20永遠の海~A Song for Zephyr~3:06妹尾武
21七色の空を-choro ver.-2:31SONOROUSChoro Club
22金の波 千の波 -TVサイズ-1:57新居昭乃保刈久明新居昭乃
23四季~そして僕は海に還る~2:41妹尾武
 癒やし系アニメサウンドトラック三部作、堂々の完結!
 今回は一本「落陽」の雰囲気が感じられ、アルバムとしてのテイストがまとまっており、とても完成度が高い。
 というのも、これまでに比べて全体的に穏やかさや切なさ、寂しさを感じさせるメロディに溢れており、クライマックスへ向かう劇中のドラマと劇判がきちんと融合し、それがアルバムの完成度に影響を与えているのである。
 ピアノメインの曲、ショーロメインの曲、ドラマを進めるための曲のバランスが整った優等生構成。
 
 例によってアリア社長用の曲「アリアとお散歩」などは旅番組では度々使用されている。使いたい気持ちは分かる。
 ショーロクラブもこれまでより一層、演奏ではなく雰囲気を聞かせに来るスタンスの印象。
 TVサイズボーカルを終えての「落葉の並木道」が既に今までとは雰囲気を変えている。
 それらをしばらく堪能させてからの「アリアとお散歩」「ジェット気流」などで一期サントラの雰囲気を思い出させてくれて、メリハリあるテンポで聴かせてくれる。
 
 そして、ファンの皆様ご待望「ルーミス エテルネ」が、広橋涼による劇中曲。
 第9話「その オレンジの風につつまれて…」にて、広橋涼演じるアリス・キャロルがウンディーネの昇格試験の最後に歌うカンツォーネという設定だが、シナリオも相まってとても感動的。
 前半はエスペラント語、後半は同じ意味の日本語という構成。
 タイトルの語法にはツッコむのはでっかいお世話だからやめてください。
 
 OVAのOPショートサイズも収録。編曲がCHORO CLUBでストリングスアレンジは沢田穣治氏である。
 これもかなりいい曲で、シングルには弾き語りバージョンもあるのでチェックしてみてほしい。
 EDの「金の波 千の波」は前2作のROUND TABLEではなく歌姫・新居昭乃を起用した名曲。優しい世界観の「ARIA」のフィナーレに相応しいカタルシスを得られる曲である。
 ただしこれもテレビサイズなのでシングルをチェックしてみてほしい(二度目)。
 
 天野こずえ氏によるジャケットも夕暮れの雰囲気が三部作のジャケットの終わりを予感させており秀逸。
 1期と比較してもやはり名盤。テイストがかなり違うのに同じ作品のアルバムとして飽きずに楽しめる。
 1期のような動的なショーロが余程お好きということでない限りオススメできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。