TVアニメーション「ブラッドラッド」 O.S.T.2

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2013年9月25日 収録時間:56分 定価:3150円 レーベル:アニプレックス



ヤングエース連載の漫画「ブラッドラッド」サントラ第2弾。
音楽には「リーガルハイ」の林ゆうき氏。
ファンキーなノリの漂い方は前作と同じだが、少しパワーダウンは否めないか。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1潜 入1:46林ゆうき
2拠り所2:16
3サードアイ1:28
4仲 間 Piano‐Mix2:21
5BLOOD LAD Egt-Mix2:18
6夜想曲2:14
7すれ違い1:53
8頭脳戦2:03
9禁 忌1:25
10人体蘇生2:25
11忌まわしい気配1:35
12危 機2:06
13BLOOD LAD Mb-Mix1:57
14肉弾戦2:15
15圧倒的な力1:55
162:19
17BLOOD LAD Flow-Mix3:06
18俺の血意2:44
19BLOOD LAD Fiddl-Mix2:11
20HERO4:13manzo藤林聖子
ブラッド・チャーリー・スタズ(逢坂良太)
21愛をとりもどせ!!4:05山下三智夫manzo中村公晴
ウルフ(寺島拓篤)
22MoNochrome MoNologue5:13manzoRUCCA
ブラッド・D・ブラッズ(木村良平)
23ViViD-TV-EDIT-1:30秋田博之CHOKKAKU藤林聖子May’n
24BLOODY HOLIC-TV-EDIT-1:35加藤祐介小澤拓実唐沢美帆南里侑香
 月刊ヤングエース連載、小玉有起氏原作の「ブラッドラッド」サントラ2枚目。
 音楽はアニメ「ロボノ」「リーガルハイ」「ストロベリーナイト」の林ゆうきが引き続き担当。

 軽快なロック・テクノサウンドなんかは前作のノリを引き継いでおり、聴きやすい。
 しかし歌曲劇伴や目立つ曲は一枚目に持ってかれているせいで、全体の印象がかなり薄まってしまっている気がする。
 また、ハリウッドサウンド的擬似オケやピアノソロによる「劇伴」的な曲も多く、それが散漫さを助長させている具合だ。

 どの曲も「あとちょっとなのに!」という惜しさというか、長さが欲しい。
 こればっかりは林氏というかアニメそのもののポテンシャルにも影響を受ける部分なのだが、劇伴的な注文で仕上がってしまう以上は仕方のないところである。

 キャラソンについても「声優がカバーしている」以上のシナジーや面白さが生まれているかというとそうではない。
 2枚目サントラにありがちなファングッズとしてのアルバムに特化してしまったような印象が強くなっている。

 1枚目にエネルギーを根こそぎ持ってかれてしまったような印象。
 この惜しい気持ちは直後の「ガンダムビルドファイターズ」で発散したい。
 ジャケットイラストは小林利充氏。デザインはデザインはmk@jeepster。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。