DEAD LEAVES Original Soundtrack!!

DEAD LEAVES Original Soundtrack!!

オススメ度 ★★★★☆

発売:2004年6月23日 収録時間:67分 定価:2625円 レーベル:カルチャー・オブ・エイジア



GAINAXが北米市場向けという企画で生み出した実験的なノリが漂うアニメーション「DEAD LEAVES」。
音楽を担当するのは相棒シリーズやかみちゅ!でお馴染み池頼広。
普段の管弦スタイルはナリを潜め、トランス・エレクトロニカなビートが珍しく披露される。
何よりも目を引くのはタイトルの衝撃的なまでの下品さ。ついでに言うとジャケットも多分に下品。


N0.曲名時間作・編曲
1すっぱだかでナニしてた5:06池頼広
2メシの時間クソの時間2:33
3お前はクソを出しすぎだ3:51
4クソ用の穴がある1:48
5すんげえSEXだったよ2:31
6SPLASH!!3:49
7RRRRRRR!!3:30
8BOOOOOM!!1:15
9とりあえず皆殺しだ1:27
10中出しいいなあ1:08
11マム細胞マム細胞0:55
12パンツ丸見えだぜ2:25
13生きてたのかよこのヤブ医者1:23
14チンコのデカさとカタさ3:18
15腹も痛くてヤバイ2:29
16オララララララ!!2:45
17さようならお姉さま1:21
18みんな死んじゃうパターン4:01
19はァ?1:02
20The Moon(DEAD LEAVES mix)6:07DJ SHINKAWA
21Division by Zero error(editional ver)7:59朝倉大介
22Meme crack(editional ver)7:00
 今井トゥーンズ原作、今石洋之監督作品である、GAINAXによる北米市場に目を向けた50分の中編映画「DEAD LEAVES」。
 実験的な雰囲気漂うカートゥーンテイストを飾るのは、「相棒」シリーズやかみちゅ!、タイバニなどで活躍する池頼広と、数曲だけ浅倉大介。
 なにより下品。内容下品、曲題下品、ジャケット下品、下品下品のオンパレードである。

 スピード感のあるテクノ・トランスサウンドが全体を通して強く押し出ている。池氏にしてはあまり見ない作風。
 一曲目「すっぱだかでナニしてた」から5分超えのダンスミュージックで幕を開ける。四つ打ちのドスドス音が心地よい。
 始まって数曲はひたすらこんな感じ。ギターリフがたまに効いたり、シンセサイザーが唸ったり。

 「クソ用の穴がある」「中出しいいなあ」「マム細胞マム細胞」は聞いたことのあるクラシカルな混声がトランスにまとめられた悪ノリ。
 タイトルを書いてるだけで頭が痛くなってくるが、曲自体は面白くまとまっていて興味深い。悪ノリだが。「中出しいいなあ」なんかは曲名とフニクリフニクラなメロディが脳内でグルグル回って笑いしかこみ上げてこない。

 「チンコのデカさとカタさ」はカッコ良さ的にはひとつの山場。ギターリフがスマートに決まったそれっぽいクラブチューンで、思ってるよりも気分が盛り上がる。
 「はァ?」が最後の池頼広サウンドとなるわけだが、1分ながらもクールなトランスが打ち込まれていて好印象。

 「The Moon(DEAD LEAVES mix)」はDJ SHINKAWAによるエンディング曲。池氏の音とはまた違う、より正統派なダンスクラブチューンが、6分間飽きさせない。
 ラスト2曲はT.M.Revolutionでお馴染み浅倉大介によるもの。意外とクセなく正統派。

 帯の「12歳以下は帰れ!」に恥じない衝撃的な曲タイトルに対して、テクノサウンドは分かり易い完成度。
 クラブ音楽には慣れが必要かもしれないが、慣れのある人ならそれなりに聴ける良盤。
 ちなみに、曲タイトル命名者は当然ながら今石監督ご本人である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。