Fate/hollow ataraxia ORIGINAL SOUNDTRACK

Fate/hollow ataraxia ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2005年11月23日 収録時間:61分 定価:3000円 レーベル:TYPE-MOON



「Fate/stay night」の後日談ファンディスク「Fate/hollow ataraxia」。
本作サウンドトラックは、「stay night」時よりも確実に音質は向上したと言っていい。
そして内容の都合上半分を日常音楽が占めるのも特徴。
しかしやはりPCゲーム音楽の域は出ないか?


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1アタラクシア1:52KATEJames Harris奈須きのこrhu
2back to the night2:01KATE
3再会1:56James Harris
4涼やかな風2:37
5陽気に行こう2:46
6可笑しな仲間2:06
7幸せのかけら2:21
8light step1:45
9flicker2:14
10ロマンス2:44
11真実の扉1:52KATE
12暗闇の囁き1:42
13encounter1:41James Harris
14hollow(short edit)2:04KATEJames Harris芳賀敬太NUMBER 201 feat.rhu
15stranger2:07KATE
16偽りの輪廻2:13
17蜃気楼2:32
18カレンのテーマ2:37
19瓦礫の聖堂2:58
20legend1:56James Harris
21excalibur1:38KATE
22エミヤ#22:40James Harris
23アヴェンジャー1:58KATE
24outbreak2:52
25wars2:32James Harris
26last piece3:16KATE
27僕たちの未来(short edit)2:48KATEJames Harris芳賀敬太NUMBER 201 feat.rhu
 「Fate/stay night」の後日談を描いたファンディスク「Fate/hollow ataraxia」のサウンドトラック。
 音楽は本編「stay night」と同じくKATE氏とJames氏の二人「NUMBER 201」が担当する。

 冒頭、OP曲である「アタラクシア」はこの尺がフルサイズ。
 作詞はシナリオの奈須きのこ氏が作っている訳だが、なかなかどうして陰鬱な歌詞が上手い。

 全体的に、「stay night」よりも音質にハリが出た印象。
 「Back to the night」こそ本編BGM「In to the night」のアレンジアンサーとなっているが、それ以外の前半は割と変哲はない。
 PC音楽の典型的な日常音楽とも言える。

 後半は夜の緊迫感や不安、そして戦闘音楽になる。
 「stay night」で散見された和風の要素は抜けて、そこに多少洋風な要素が入り込んでいる。
 「excalibur」は文字通り「約束された勝利の剣」のアレンジ。少し落ち着き気味。
 そしていつもの曲「エミヤ」も勿論健在。ドラム音が増えた。

 勿論クリア済みならば味わい深い音楽となる訳だが、イマイチこのアルバムをそのまま勧めるのは難しい。
 PCゲームのサウンドトラック、という言葉からは抜け出せてはいない印象。
 ブックレットにステッカーあり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。