“FINAL FANTASY Ⅷ” Original Sound Track

“FINAL FANTASY Ⅷ” Original Sound Track

オススメ度 ★★★★★

発売:1999年3月1日(2004年5月19日再販) 収録時間:249分 定価:3689円 レーベル:デジキューブ(再販はスクウェア・エニックス)



「Ⅶ」をクリアしたチームによる次作。濃厚な学園&恋愛の路線は古参の間で物議を醸す。
しかし、シリーズ初の主題歌の起用や、生演奏の音源の使用など、進化を確信させる一作となる。
ご存知「EYES ON ME」のモチーフが全体に散りばめられ、映画的な統一感をひしひしと感じる。
一部の目立つ曲に対して地味な曲がとことん地味、というウィークポイントもあり。


N0.Disc 1 曲名時間作・編曲
1Liberi Fatali3:08植松伸夫
2Balamb GARDEN3:29
3Blue Fields2:54
4Don’t be Afraid2:52
5The Winner1:07
6Find Your Way3:48
7SeeD3:08
8The Landing4:36
9Starting Up1:20
10Force Your Way3:53
11The Loser1:27
12Never Look Back3:23
13Dead End1:11
14Breezy2:44
15Shuffle or Boogie2:04
16Waltz for the Moon3:01
17Tell Me3:25
18Fear1:24
19The Man with the Machine Gun2:50
20Julia1:23
21Roses and Wine2:19
22Junction1:38
23Timber Owls2:51
N0.Disc 2 曲名時間作・編曲
1My Mind3:12植松伸夫
2The Mission3:37
3Martial Law3:48
4Cactus Jack (Galbadian Anthem)1:30
5Only a Plank Between One and Perdition2:24
6SUCCESSION OF WITCHES3:19
7Galbadia GARDEN3:37
8Unrest2:37
9Under Her Control3:31
10The Stage is Set3:40
11A Sacrafice3:27
12FITHOS LUSEC WECOS VINOSEC4:33
13Intruders2:32
14Premonition4:37
15Wounded0:53
16Fragments of Memories3:14
17Jailed3:50
18Rivals3:31
19Ami4:37
N0.Disc 3 曲名時間作・編曲作詞
1The Spy3:47植松伸夫
2Retaliation0:45
3Movin’5:18
4Blue Sky0:45
5Drifting2:57
6Heresy4:11
7Fisherman’s Horizon3:36
8ODEKA ke Chocobo1:16
9Where I Belong3:40
10The Oath3:26
11Slide Show Part11:23
12Slide Show Part21:47
13Love Grows4:29
14The Salt Flats3:37
15Trust Me3:13
16Silence and Motion4:40
17Dance with the Balamb-fish2:40
18Tears of the Moon1:13
19Residents3:09
20Eyes On Me5:44染谷和美Faye Wong
N0.Disc 4 曲名時間作・編曲
1Mods de Chocobo (フィーチャリング N’sテレキャスター)2:25植松伸夫
2Ride On3:03
3Truth3:41
4Lunatic Pandora3:28
5Compression of Time4:34
6The Castle5:20
7The Legendary Beast5:50
8Maybe I’m a Lion5:35
9The Extreme6:45
10The Successor3:38
11Ending Theme13:20
12Overture3:36
 FFⅦを製作した通称・北瀬チームによる第2作、「Ⅷ」。
 シリーズ初の学園モノに、群像と更に濃厚な恋愛色を追加した作風により人気を確実なものとした。
 という肩書きはさておき、皆の耳に色濃く残る「Ⅶ」の曲を上回ることはできるのか。

 本作の大きな特徴は、シリーズ初の主題歌を起用したこと。
 そして一部の曲にフルオーケストラ音源を使用したこと。
 PSの性能を存分に生かした音楽を展開しようという試みがここに感じられる。

 まず冒頭「Liberi Fatali」が、いわゆるオープニング・テーマに値するフルオーケストラ。
 オーケストレーションは案の定浜口史郎氏。歌詞はラテン語で、京都在住の山下太郎氏をなんとか探し立てて訪ねたとか。
 魔女のテーマ、SeeDのテーマなどを途中に展開し、凄まじいクオリティの映像を飾る、間違いなく「Ⅷ」のメインテーマと言える。

 重要なモチーフである「SeeD」や「Eyes On Me」のメロディモチーフが全体に散りばめられている。
 それによってより映画的に統一感を出し、新たなるFFの世界観を作り出すための模索を行っているのである。
 今作で打ち出した統一感とは即ち、音質の向上により強化されたロックと擬似オケでのFF感の固定化と思えた。
 勿論、テクノ的なゲーム音楽も展開されるが、作ろうとしているベクトルに対しては違和感を感じる気もする。

 ラスボス戦音楽が三段階に分かれている。Disc4の7曲目から9曲目がそれに該当する。
 「The Legendary Beast」「Maybe I’m a Lion」とオケ風に流れていく中、「The Extreme」でプログレに回帰するのが面白い。
 ああ、やっぱり植松氏なのだ、という安心感と共に、ゲーム(FF)音楽とプログレの密接な関係を再認する。

 そして何よりも「Eyes On Me」と、同曲を組み込んだ13分強の「Ending Theme」がこの盤で求められている存在に違いない。
 「Ending Theme」も浜口史郎氏によるフルオーケストラであり、映像に合わせた映画的な展開を魅せる曲。
 聞いていても、プレイしていても「Eyes On Me」のタイミングが完璧なのはさすがのこだわり。
 「無国籍感」を謳った、Faye Wongによるボーカル、ハンマーダルシマー、篠笛などの入り混じる様は実に美しい。

 不朽の名曲とされる主題歌に、フルオケなムービー音楽などがモノを言う。
 内容・量に対してのリーズナブルさもいつも通りなので、勧めやすい一作。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。