FLCL Original Sound Track NO.3

FLCL Original Sound Track NO.3

オススメ度 ★★★★★

発売:2005年6月8日 収録時間:55分 定価:2000円 レーベル:キングレコード



前作「海賊王」からかなり間を置いて発売された「No.3」。
今作は光宗氏のインストもなく、完全に2000年前後のThe Pirrowsベストアルバムとなっている。
これまでカラオケ版やインスト版、ショート版しかサントラで収録されてなかった曲も多々ある。
pillowsの山中さわお氏直々に構成を務めたとのこと。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1Sad Sad Kiddie3:11山さわおthe pillows、Tatsuya Kashima山中さわおthe pillows
2Sleepy Head3:00the pillows、Zin Yoshida、Jun Suzuki
3I Think I can2:59the pillows、Zin Yoshida、Jun Suzuki、Tatsuya Kashima
4Blues Drive Monster3:24the pillows
5CARNIVAL3:50the pillows、Zin Yoshida、Jun Suzuki
6Come Down2:07
7Crazy Sunshine4:05
8STALKER2:35the pillows、Tatsuya Kashima
9Nightmare1:40
10Funny Bunny3:37the pillows Zin Yoshida、Jun Suzuki、Tatsuya Kashima
11Beautiful morning with you5:43the pillows、Zin Yoshida、Jun Suzuki
12Advice2:14
13RUNNERS HIGH2:42the pillows
14HYBRID RAINBOW3:58
15LITTLE BUSTERS3:43
16LAST DINOSAUR3:44the pillows 、Zin Yoshida、Jun Suzuki
17Ride on shooting star2:21the pillows
 4年近くの間を空けて出たGAINAX発のOVA「フリクリ」最後のサウンドトラック。
 今作こそ3枚でも一番サントラから逸脱した、The Pirrowsのベスト盤と化している。
 全曲、カラオケなしのPirrowsソング。挿入歌・EDと使っていた曲の8割は収録している。

 前2枚のレビューで歌詞リンクがなかった曲は、本作で初めてボーカルありの収録となる。
 山中さわお氏直々のアルバム構成とのことで、曲順にも違和感は一切ない。
 特にラスト「LITTLE BUSTERS」「LAST DINOSAUR」「Ride on shooting star」の流れは美しく、「ああ、フリクリが終わった」と思わせてくれる。

 新録ボーカルの中では「RUNNERS HIGH」がお気に入り。
 これぞアッパー、いつ聴いてもテンションを上げることができる。
 「Advice」なんかも本編でよく流れていたが、歌詞が付くとこうなるのか!とちょっとした驚きがある。

 サントラ盤としても、一枚のアルバムとしても問題のない一枚。
 というか99~01年あたりのPirrowsベストアルバムでしかないが、そうだとしてもこれ以上の選曲はないだろう。
 ちなみに全く関係ないが、「けいおん!」のさわ子先生の名前は山中さわお氏が元ネタ。全く関係ないが。
 デザインはKenji Kiyama。
 これで「HAPPY BIVOUAC」さえ入っていれば何も文句はなかったのだが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。