プリティーリズム・オーロラドリーム プリズム☆ミュージックコレクション

プリティーリズム・オーロラドリーム プリズム☆ミュージックコレクション

オススメ度 ★★★★★

発売:2012年3月16日 収録時間:126分 定価:2730円 レーベル:DIVEIIentertainment



ジュエルペットと共に土朝に君臨した傑作シリーズ「プリティーシリーズ」第一作。
アイドルをモチーフにしているということで歌にも力が入れられている。
BGM及びボーカル作曲はほぼ長岡成貢氏の独壇場と言っていい。
キッズアニメの長所を巧く昇華させた、この後に繋がる大事なアルバム。


N0.Disc 1 曲名時間作曲編曲作詞
1You May Dream3:45長岡成貢池畑伸人LISP
2めらめらハートが熱くなる3:32大谷靖夫MARs(阿澄佳奈、原紗友里、片岡あづさ)
3Happy GO Lucky!~ハピ☆ラキでゴー!~4:05長岡成貢SUPER☆GiRLS
4Dream Goes On3:30春音あいら(阿澄佳奈)
5ココロ充電!3:42天宮りずむ(原紗友里)
6Switch On My Heart3:33高峰みおん(片岡あづさ)
71/1000永遠の美学4:00池畑伸人、長岡成貢Callings(近藤隆、KENN、岡本信彦)
8We Will Win!-ココロのバトンでポ・ポンのポ~ン☆-4:34池畑伸人東京女子流
9Hop! Step!! Jump!!!1:36MARs(阿澄佳奈、原紗友里、片岡あづさ)
10Never Let me Down~がんばりやぁ!~1:34せれのん(米澤円、明坂聡美)
11愛しのティンカーベル1:57池畑伸人、長岡成貢Callings(近藤隆、KENN、岡本信彦)
121000%キュンキュンさせてよ4:26池畑伸人プリティーリズム☆オールスターズ
13プリティーリズムでGo!3:17大谷靖夫AKIRASTAR池畑伸人、AKIRASTARMARs(阿澄佳奈、原紗友里、片岡あづさ)
14Shall We Go?!1:37長岡成貢池畑伸人久里須かなめ(伊藤かな恵)
15Don’t Give Up1:37藤堂かのん(明坂聡美)
16Wonderful World1:34城之内セレナ(米澤円)
17Everybody’s Gonna Be Happy[TVサイズ]1:36池端隆史Prizmmy☆
N0.Disc 2 曲名時間作・編曲
1オーロラドリームのテーマ1:57長岡成貢
2オーロラドリームのテーマ~センチメンタル・ヴァージョン~2:42
3オーロラドリームのテーマ~ポップス・ヴァージョン~1:55
4あいらのテーマ2:13
5ドジっ子あいら2:09
6恋するあいら2:15
7あいら…しょんぼり2:34
8あいらの涙3:07
9りずむのテーマ2:03
10ウズウズりずむ1:55
11センチなりずむ2:23
12みおんのテーマ2:23
13みおんスイッチオン!!2:13
14みおんスイッチオフ2:10
15ハッピー春音家!1:46
16パパとママ2:28
17プリティーリメイク2:20
18緊張~っ!2:00
19素敵なコーデ!2:54
20純のテーマ2:09
21オーロラライジング!!2:14
22阿世知社長1:40
23りずむとあいら1:55
24ペンギン先生1:44
25ラビチトベアチ1:37
26がんばりレッスン!1:58
27うまくいかない日々2:13
28プリズムショーの貴公子1:44
29明日に向かって2:05
30イースターエッグ2:30
31親子げんか2:00
32パパの優しさ2:20
33大げんか1:21
34あいらとりずむの絆1:27
35勉強、勉強、また勉強1:38
36サブタイトル0:32
37アイキャッチ 010:10
38アイキャッチ 020:08
39アイキャッチ 030:05
40アイキャッチ 040:06
41アイキャッチ 040:05
42次回予告0:34
 土曜日朝、ジュエルペットと連続する女児枠に現れた「プリティーリズム」。
 後に「ラブライブ!」を監督する京極尚彦氏を副監督とし、菱田正和監督で制作されるアイドルアニメだ。
 BGM及び殆どの主題歌・マイソングを担当するのは「ストパン」「ゴティックメード」の長岡成貢氏。
 しかも「ラブライブ!」への流れで音響は長崎行男氏なので演出的にもお墨付きだ。

 今作の素晴らしさは、朝キッズアニメの音楽の良さがストレートに昇華されている所。
 朝アニメ音楽は、時間による気分や外の雑音に適した音作りが必要とされる。
 たとえば「耳障りにならない」「低音を先行させない」「比較的単純な構成」などが該当するはず。
 プリキュアはそこにヒロイックさ、戦隊っぽさが混ざってきているが、本作は実に素直。
 ポップスやアコースティックでのキャッチ―なキャラクターテーマやバンク曲は申し分ない心地よさだ。
 音楽P・池畑信人氏の言う通り、どこを切り取っても「愛、勇気、希望、正義、友情」が詰まっている。

 ディスク1はボーカルCD。第4ED「Everybody’s Gonna be Happy」以外の全曲が収録されている。
 長岡氏のポップス・センスが女児向け王道アイドルものにピッタリ合致。
 池畑信人氏の作詞も全体通していっそあざとい程にアッパーなのがまた良い。
 せれのんやかなめなどのマイソングが1コーラスしかないのは惜しいが、充分なボリュームだ。
 声優の歌唱も飛びぬけてるわけではないが聞き苦しくもない丁度いい塩梅だと思われる。
 ただしマイソングシングルに収録されているボイスドラマは無いので、聞きたい人は注意。

 ディスク2はBGM収録。主要な曲はおおよそ収録されていると思われる。
 後半に使用されたオーロラライジングの曲が未収録なのは実に惜しいところ。
 とはいえ「オーロラドリームのテーマ」「あいらのテーマ」など、ただの「子供向け劇判」ではなく、ギリギリ媚びすぎない範囲を保ちながら一曲が完成されているのが伺えて印象が良い。
 お着替えバンクでの「素敵なコーデ」などは次作・DMFでも使われ、物語の解決・ダンス導入両方に使える良曲で、この作品を代表するBGMと言っていい。
 ポップス、アコースティック、軽いダンスミュージック、重すぎず軽すぎずあざとすぎずのサントラになっている。
 ただし、素直すぎるきらいもあるので、ちょっとヒネた音楽が好きな方は回れ右の具合で。

 キッズアニメだからと言ってナメてはいけない典型例のサントラ。
 長岡氏の作品の中でも上位に位置し、以降のシリーズ音楽の流れを定めた傑作アルバムである。
 126分の長尺で3000円を切るお値段も嬉しい。プリリズの虜になっている方は是非入手しよう。
ちなみにDX版にはノンテロップOPEDが追加DVDに収録されている仕様。
 ブックレットには菱田正和監督、長岡成貢氏、音楽P・作詞の池畑信人氏のコメントが掲載。
 デザインはSwingarm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。