GetBackers-奪還屋- ORIGINAL SOUNDTRACK

GetBackers-奪還屋- ORIGINAL SOUNDTRACK

オススメ度 ★★★★☆

発売:2003年1月24日 収録時間:66分 定価:3059円 レーベル:パイオニアLDC



週刊少年マガジンで連載していた人気漫画「GetBackers-奪還屋-」のサントラ。
「るろ剣 追憶編」に続いて古橋一浩監督と岩崎琢氏のコンビとなる。
また、連名で元永慶太郎氏も監督をしているため、岩崎氏との縁はこのあたりから。
ラップに入れ込む前の岩崎音楽。テクノ有り、ブラス有り、三味線有りのバラエティCD。


No.曲名時間作曲編曲作詞・歌
1GetBackers2:50岩崎琢
2Gymnopedie?2:26
3Honky Tonk Wan2:04
4Obsession I2:47
5Electric Shock2:20
6Lady Poison3:02
7Reminiscence2:28
8Chameleon guy1:24
9Obsession II5:02
10Bloody rain2:00
11The Roaring of beasts3:55
12Tinny waltz1:38
13MAKUBEX3:41
14Dubious answer1:52
15Wire Doll2:48
16J2:14
17Bloom4:19
18Awakening and rage3:42
19Gib mir dinen Giftstob [β]zahn4:43
20Domestic Babylon4:34
21Even if you are in the distance3:12
22揺らぐことない愛(On Air Ver.)1:39田村直美、川本盛文川本盛文田村直美
23銀次(-BONUS TRACK- G&B words)0:56
24蛮(-BONUS TRACK- G&B words)1:21
 「るろうに剣心 追憶編」及び「星霜編」にてその手腕を見せつけた古橋監督と岩崎琢氏。
 「るろ剣」で見せつけた大河ドラマ的音楽とはまた違う岩崎氏を見れる。ラップが定番になる以前の岩崎氏でもあり、中々面白い。

 
 作品内容からの連想は、奪還屋→何でも屋→エージェント、という具合だろうか。
 スパイ音楽、とまではいかないが、アウトローなスタイリッシュさがある。流麗な弦使いも岩崎氏の代名詞。一番分かり易い特徴だろう。

 
 メインテーマとなる「GetBackers」は正しくブラスの効いたアウトロー・エージェント音楽。ノリのいい若々しさが伝わってくるビートで、バックもお得意の打ち込みサウンド。
 「Gymnopedie?」も楽器構成は似ていて、主人公二人の日常音楽なのが伺える。これら含めた奪還屋勢用の曲は全体的にジャジー。

 
 戦闘音楽となると一転してテクノサウンドが強まる。クオリティやスケール感に対して、思ったよりもお金が浪費されていないことが分かる。
 そうやって少し気を張った後には「Tinny waltz」のようなお遊び感ある曲が用意され、ちょうどいいバランスになっている。
 「Bloom」は(確か)風鳥院花月のテーマ。三味線テクノ。こういった小ワザもグイグイ混ぜてくるから岩崎氏は飽きない。

 
 ラストの2トラックはキャラクターボイスドラマ。軽いおまけである。
 全体通して雰囲気も統一され、ブラスや弦なども岩崎氏らしいレベルの高いもの。「ココがすごい!」と勧めるには押しが弱いことが難点か?
 それでも一枚で聴きやすいアルバム。イラストは中嶋敦子氏で、デザインは67531graphics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。