GetBackers-奪還屋- ORIGINAL SOUNDTRACK 2 [TWINS]

GetBackers-奪還屋- ORIGINAL SOUNDTRACK 2 [TWINS]

オススメ度 ★★★☆☆

発売:2003年7月25日 収録時間:73分 定価:3000円 レーベル:パイオニアLDC



古橋一浩・元永慶太郎監督アニメ「GetBackers-奪還屋-」のサントラ第二弾。
作曲は引き続き岩崎琢氏。イメージソングである「TWINS」も書いている。
73分のうち、35分近く……即ちほぼ半分がドラマトラックで埋まっている。
岩崎氏の音楽だけを楽しみにしている方は注意すべし。


No.曲名時間作・編曲作詞
1The Legend Of The Venus4:24岩崎琢
2Hate and regret1:56
3Cue for tears3:52
4I dislike this!2:35
5Tedious work2:37
6Idle girls1:52
7For the Joker3:07
8Obsession III3:38
9The Battle In The Warship Islet5:08
10One to one1:59
11CDドラマ「修羅のギャグ道・筧十兵衛武者修行 第一部・地の巻 〈旅立ち編〉」9:47
12CDドラマ「修羅のギャグ道・筧十兵衛武者修行 第二部・火の巻 〈修行編〉」10:56
13CDドラマ「修羅のギャグ道・筧十兵衛武者修行 第三部・天の巻 〈完結編〉」14:07
14TWINS3:42岩崎琢さいとういんこ美堂蛮(神奈延年),、天野銀次(森久保祥太郎)
15TWINS(オリジナル・カラオケ)3:38
 「マガジン漫画原作のアニメ、「GetBackers-奪還屋-」サントラ第二弾「TWINS。」
 音楽は引き続き岩崎琢氏が担当している。

 
 本作の問題は、ドラマトラックの多さにある。収録時間は73分あるが、そのうち35分弱がドラマトラック。
 カラオケバージョン一曲を加味すると、半分以上が、アルバムで聞きたい人には要らないトラックなのだ。
 よくあるドラマCD+サウンドトラックのデメリットだが、あまりにも時間配分が極端であり、それが顕著に出てしまっている。

 
 それを抜きにした岩崎琢氏の音楽について書く。全体的には一枚目よりも少し地味な印象。  生音よりも打ち込みの曲をメインに集めており、無機質な印象が増えている。
 代表的となる曲はジョーカーのテーマである「For the Joker」は、邦楽的なメロディをテクニカルに演奏している。少しゲーム的で、あざとさがある。アルバムにアクセントを与えているのは確かだが。
 「I dislike this!」もかなりハッチャケ気味。テンション高い拍子から始まる流れは、それまでの落ち着いている曲からの変化でギョッとする。
 「TWINS」は奪還屋の主人公二人によるイメージソング。これまたキャラソンの域は出ない。ボーカルがキャラボイスから離れないようにしているからか。
 とはいえ、以降の活躍やスタイルを思うと、岩崎琢氏の「キャラソン」はかなり珍しい。コレクター的には記憶しておきたい一品である。

 
 少し地味気味になった上に、ドラマがあまりにも長すぎるCD。一枚の岩崎琢アルバムを聴きたい人にはあまり向いてないかも。
 イラストは中嶋敦子氏で、デザインは67531graphics。
 ドラマトラックに関しては雰囲気ぶち壊し!と揶揄されることも多く、実際アルバムの構成的には疑問が残る一枚である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。