健全ロボ ダイミダラー オリジナルサウンドトラック

健全ロボ ダイミダラー オリジナルサウンドトラック

オススメ度 ★★★★☆

発売:2014年6月25日 収録時間:106分 定価:3456円 レーベル:ランティス



なかま亜咲氏原作のバカエロ熱血ロボット漫画「健全ロボ ダイミダラー」。
それを柳沢テツヤ監督率いる「ハイスクールD×D」スタッフでアニメ化。
期待通り無駄に気合いを入れた熱血ロボットアニメ演出を展開たし。
音楽は中西亮輔氏。氏のポテンシャルがこのマッチョなアニメで引き出される。


No.曲名時間作曲編曲作詞
1健全!開幕!!1:40中西亮輔
2健全ロボ ダイミダラー(TV-size)1:31遠藤正明宮崎京一milktub遠藤会
3日常!1日の始まり1:43中西亮輔
4意外!お気楽なペンギンコマンダー達1:33
5威厳!ペンギン帝王1:39
6暗躍!ペンギン帝国1:58
7秘密結社!美容室プリンス1:46
8可憐!三博士、登場1:32
9登場!カッコイイぞ、孝一1:30
10緊急発進!われらがダイミダラー1:35
11ダイミダラー!大地に立つ2:19
12迷惑!ペンギンロボ1:37
13負けるな!強いぞダイミダラー1:37
14覚醒!みなぎるHi-ERo粒子1:33
15必殺!これが指ビームだ2:06
16尊敬!すごいぞ恭子1:41
17まだまだ!俺たちの戦いは続くのであった1:43
18アイキャッチ!0:07
19悲哀!癒えぬ傷1:48
20悲劇!恭子の過去1:43
21安静!ペンギンのトラウマ1:39
22決意!打倒、ペンギン2:03
23まかせろ!俺も一緒に戦うぜ1:47
24最強!リッツカスタム襲来1:39
25苦戦!ダイミダラー1:44
26妙技!コケコッコアタック1:54
27ピンチ!ダイミダラー1:38
28絶体絶命!手に汗握る戦い1:58
29激闘!負けられない戦い1:50
30決着!ボロボロのダイミダラー1:58
31敗北!死ぬな真玉橋孝一1:43
32健全ロボ ダイミダラー~ピアノver.~2:22
No.曲名時間作曲編曲作詞
1流行!ペンギン帝国ブーム1:45中西亮輔
2愉快!仲良しペンギンファミリー1:38
3雑談!のんきなペンギンコマンダー1:35
4So Cute!かわいいぞリッツ1:36
5遠き日の思い出!忘れえぬ想い1:42
6閑話!休題1:30
7颯爽!天久将馬現る1:43
8告白!結ばれる二人1:34
9将馬と霧子!ほのぼのタイム1:35
10リア充!バカップル誕生1:39
11ハレンチ!妄想力高め系女子・霧子1:28
12コイツら!ウザい!!1:21
13変貌!どうしてこんなことに1:48
14決戦前夜!みんなで作戦会議1:38
15みんな待たせたな!復活の孝一2:07
16これが最後の戦い!予想外の敵出現1:50
17大団円!これぞ健全!!1:37
18Suki Suki//LINKS~ピアノver.~1:29佐々倉有吾中西亮輔
19Suki Suki//LINKS(TV-size)0:08佐々倉有吾畑亜貴友寄もり子(大橋彩香)、真境名そり子(木戸衣吹)、呉屋せわし子(田所あずさ)
20Suki Suki//LINKS~もり子ver.~1:42友寄もり子(大橋彩香)
21Suki Suki//LINKS~そり子ver.~1:38真境名そり子(木戸衣吹)
22Suki Suki//LINKS~せわし子ver.~1:49呉屋せわし子(田所あずさ)
23健全ロボ ダイミダラー~The ballad~1:31遠藤正明宮崎京一milktub遠藤会
 なかま亜咲氏による「ギャグマンガだろうとスパロボに出す」という気合を異様に感じる漫画「健全ロボ ダイミダラー」。
「ハイスクールD×D」の柳沢テツヤ監督のもと同スタッフが集い似た勢いのバカエロ熱血アニメを展開する。
ダサいビジュアルにバカエロで、ベッタベタな熱血ロボアニメをやりきった(何故か)良作である。

 
 音楽担当は相変わらず仕事のペースがえげつない中西亮輔氏。
 「桜Trick」「妹ちょ。」とどうにもエロスが関わるアニメが続いているのは何の偶然か。
 しかし本作は「熱血ロボットアニメの素材」を求めているので、音楽にはどストレートなマッチョさが必要。
 つまりオーケストラを基調とした分かり易いアッパー音楽となる訳だが、これのおかげで今回、小技ばかり求められていた印象の中西氏のマッチョな要素を聴くことができた。
 コメディ音楽こそ中西氏らしいバリエーションが聴き慣れた楽しさであるが、ここまで力強いオーケストレーションを何度も聴けた事はあまりないはずだ。
「負けるな!強いぞダイミダラー」のようなキラーBGMを筆頭に金管でのメロディ作りがアツく、マカロニウエスタンを思わせるギターなどで昭和アニメっぽさも醸し出す細やかさも忘れない。

 
 弱点としては王道なので聞き覚えのある音楽が多いということと、何だかんだコメディ音楽が多いこと。
 「ダイミダラーを知らない人も聴ける!」というレベルのものにはならない仕様なのである。
 中西氏がやるべき仕事は全うしているので問題はないが、サントラ以上の魅力は出づらい。
 しかし三博士それぞれのバージョンのEDと主題歌のバラードバージョンも収録されているので、本編を気に入ってる人間には大いに需要のある一枚である。

 
 王道ロボットアニメの音楽として聴き易い良いバランスのサントラ。何だかんだこういうのはあまり聞けない。
 ブックレットには中西氏のコメントあり。ジャケットイラストはごとうじゅんじ氏。
 デザインは中野由世氏(OverDriveDesign)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。