K Original Soundtrack vol.1

K Original Soundtrack vol.1

オススメ度 ★★★★★

発売:2012年11月7日 収録時間:39分 定価:DVD特典により無し レーベル:キングレコード



GoHands初のオリジナルアニメ作品「K」。
覆面作家集団を作り脚本家として起用したり色々意欲的には動いていたものの、
シリーズ展開規模の割にパッとしない知名度のアニメである。
サントラも特典。音楽の遠藤幹雄氏の働きは素晴らしいのだが……。


No.曲名時間作・編曲
1K’S Theme3:12遠藤幹雄
2Suoh Mikoto2:46
3IKari1:43
4DarK PinK SKy3:44
5Kitsch2:00
6Kitten1:37
7Kushina Anna1:09
8KnocK-on Effect1:16
9Knife2:03
10Shiro #30:45
11At SKool #12:57
12MunaKata Reisi2:00
13Karma2:02
14Namida No ShizuKu1:19
15Killer1:25
16Yata MisaKi2:45
17Friendship1:03
18Kagerou1:24
19Kiss Of Death2:20
20TosuKa Tatara1:55
 サテライトから独立し作られたアニメ制作会社GoHands初のオリジナルアニメ「K」。
 古橋秀之氏、あざの耕平氏、高橋弥七郎氏などといったライトノベル方面で有名な面々を脚本家に招き、かなり多くのシリーズを展開した。

 
 音楽担当は遠藤幹雄氏。
 元々はDJ活動や楽曲提供などを行っていたが、庵野秀明氏により実写「キューティーハニー」に起用されて以降劇判の仕事も増えている。
 全体的にスタイリッシュなクラブミュージックやアシッドジャズ、ヒップホップで通しており、ピアノを散りばめているので統一感もしっかりあって「K」の音楽を確立している。
 エコーのかかったピアノ音による透明感あるオシャレな遠藤氏の曲は落ち着いた色調の映像と、無機質かつ整った都会の風景に完全にマッチしているのも好印象だ。
 世界観テーマにもキャラクター・テーマにもきちんと対応しており、遠藤氏のテレビアニメが「ヤンボウ ニンボウ トンボウ」20年弱ぶりとは思えない完成度である。
 もっとも、劇中での使い方には首を捻らざるを得ず、イマイチ魅力的に聞こえないのが残念だ。

 
 しかも特典である。第2巻収録。
 こういった作曲家の意思がギッチリ詰まり、作品にもマッチした音楽をおまけ扱いするのは言語道断。
 手に入れられるなら是非手に入れて欲しい良盤だが……残念である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。