GUN×SWORD O.S.T.

GUN×SWORD O.S.T.

オススメ度 ★★★★★

発売:2005年9月22日 収録時間:51分 定価:2800円 レーベル:ビクターエンタテインメント



谷口悟朗監督による傑作痛快娯楽復讐劇アニメーション「ガン×ソード」。
「スクライド」以来谷口作品を支えている中川幸太郎氏による音楽。
OPなどで和太鼓集団・鬼太鼓座とコラボし、ジャズ×和太鼓×ウエスタン×ロボットを成立させた。
ED曲や挿入歌もフルで収録している。2005年アニメの中でも上位の名盤。


No.曲名時間作・編曲作詞
1GUN×SWORD1:33中川幸太郎
2Endless Illusion1:58
3Desert Rose2:12
4The Day is Done1:46
5Tremendous Blade1:49
6Paradiso4:12黒石ひとみHitomi
7Your Bride3:02中川幸太郎
8Shadow of the Girl2:19
9Unknown World2:01
10Lost Native Village1:44
11Seasonings, please1:23
12Where are You going?1:35
13Frozen Arm2:10
14Knuckle, Clench, Fist1:44
15One Night Stand2:23
16虹の彼方4:12酒井ミキオユキコ(雪野五月)
17El Dorado Ⅴ1:55中川幸太郎
18Battleman1:33
19Dann of THURSDAY0:55
20He Reduces to memories2:09
21Dann Chester Van1:37
22Van a.k.a. Daybreak1:33
23A Rising Tide4:53沖野俊太郎Damian Bloomhead沖野俊太郎
 谷口吾朗監督による痛快娯楽復讐劇「ガン×ソード」のサウンドトラック。
 ロボットSFとウエスタンが入り混じった外連味世界観とカタルシスたっぷりのエンタメ脚本による不動の名作である。

 
 音楽の担当は「スクライド」以来谷口アニメの音楽を演出している中川幸太郎氏。「スクライド」で見せつけた爽快なジャズは健在で、今作はそれにいくつか要素がプラスされる。
 まず一つはマカロニウエスタンの要素。世界観に合ったアンニュイかつワイルドなギターが鳴る。
 そして語るに欠かせないのが和太鼓演奏集団「鬼太鼓座」とのコラボである。
 再生した瞬間に出迎えるのが剣のぶつかるような音から始まるインストのOP曲「GUN×SWORD」。演奏名義は「中川幸太郎feat.鬼太鼓座」となっている。「Your Bride」も同じく。
 「超時空要塞マクロス」の羽田健太郎氏による名曲「ドッグファイター」のドラムばりに激しく鳴り響く和太鼓と、これでもかとノリ良くワイルドなジャズバンドサウンド格好良い。気になる方は動画サイトなどでOP映像を見てみよう。

 
 高尾直樹氏による土着的なコーラスが荒廃した世界観を演出し、佐々木久美氏によるコーラスはそこに住む人間性を醸し出す。ウエスタンを基調として、荒んだ荒野をジャズが、ロボットSFをストリングスが描写している。
 基本的には作中前半でよく使われる印象的な曲が多く集まっているので、ノリよく構成されたアルバムである。

 
 中川氏とは関係のない歌モノも大いに魅力的。「プラネテス」で谷口監督に起用された黒石ひとみ嬢による9、11話ED「Paradiso」は造語の綺麗な1曲。劇中では故郷を去るカルメンのために使用されるのが印象的。
 また、谷口作品でお馴染み酒井ミキオ氏提供の劇中歌「虹の彼方」は逆転のシーンでよく使われる1曲である。雪野五月氏の低めの唄声が心地よい。
 アルバムの締めはED「A Rising Tide」。「LAST EXILE」で黒石嬢と共に楽曲を提供したシンガーソングライター。これまたアコースティックで哀愁ある名曲。ブックレットには和訳も付いていて、本編に即した作詞が渋く熱い名曲である。

 
 作品を見ていても見ていなくても勧められるとても聴きやすい名盤。見かけたら是非とも手に取って欲しい。決して後悔はないはず。  ジャケットイラストは勿論キムタカこと木村貴宏氏。デザインはmach55GO。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。