PERSONA3 THE MOVIE #1 Spring of Birth サウンドトラックCD

PERSONA3 THE MOVIE #1 Spring of Birth サウンドトラックCD

オススメ度 ★★☆☆☆

発売:2014年5月14日 収録時間:26分 定価:Blue-ray・DVD特典により無し レーベル:アニプレックス



シリーズ、ゲーム自体の人気、そして「ペルソナ4」アニメの勢いでアニメ映画化された「ペルソナ3」。
「攻殻機動隊ARISE」や「コードギアス 亡国のアキト」などと同じ章立て映画化方式だが、
ゲームなども担当する目黒将司氏によるサウンドトラックは、円盤特典であった。
果たしてサントラのために円盤限定盤を入手する意義は……?


N0.曲名時間作・編曲作詞
1Daily Life1:13目黒将司
2Unquiet0:29
3Magician1:51
4Protean1:16
5Regret0:50
6Persona Summoners2:03
7友達だから1:40
8Infinity Possible1:46
9Guess the Incident1:26
10Sense of Isolation1:22
11all of the full moon2:04
12Pure One Heart1:58
13For Life3:13
14More Than One Heart5:10Benjamin Franklin川村ゆみ
 「ペルソナ3」、「4」とスタイリッシュさでゲームシリーズの人気を確保し、
 「4」のアニメ化がある程度の成功を果たしたことによる実現した「3」のアニメ映画化。
 「攻殻機動隊ARISE」等と同じように短いスパンでの章分けがなされた規格である。

 「ARISE」や「コードギアス 亡国のアキト」と同じように、二章分の音源をまとめて商品化すればいいものを、本作はサウンドトラックをDVD・BDの限定版特典にしてしまった。
 30分足らずのミニサントラの為に8000円が出せるのかという話になってくるが、ゲームシリーズや「4」アニメの音楽も担当する目黒将司氏による音楽は良くも悪くも平常運航。
 スタイリッシュな洋楽テイストロックやテクノなどはペルソナシリーズの定番と化してはいるものの、各曲の時間がモノを言っているように、ボリュームに満足がしづらい。
 また、ED曲の「More Than One Heart」はペルソナらしい学園モノのための歌曲となっていて、良い曲だとは思うものの、「この一曲の為に限定盤を買えるのか?」というのと、
 十中八九、「映画シリーズ主題歌が収録されたペルソナボーカルアルバム」が出るのを思うとわざわざサントラの為にこの限定盤を手にする必要はないように思える。

 というわけで、「本編は別にいらない」という人にはあまりお勧めできない。
 「どうしても今、主題歌のフルが聞きたい」というならば止めはしない。
 そのくらいの感覚にさせてくれる何とも言えない商品である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。