Rozen Maiden Original Sound Track

Rozen Maiden Original Sound Track

オススメ度 ★★★★☆

発売:2005年1月26日 収録時間:74分 定価:3000円 レーベル:メロウヘッド



PEACH-PIT漫画原作のアニメ「ローゼンメイデン」のサウンドトラック。
音楽には「ウテナ」「遊戯王DM」の光宗信吉氏があたる。
氏のヨーロピアンかつ流麗なアコースティック音楽は、氏の名前が更に広がるきっかけにも。
74分と大盤振る舞いのアルバム。


N0.曲名時間作曲編曲作詞
1禁じられた遊び(TV size)1:35片倉三起也宝野アリカALI PROJECT
2Battle of Rose2:23光宗信吉
3困った趣味1:33
4暖かな心2:15
5Ivy0:09
6Reminiscence1:49
7暗闇より来たるもの1:34
8Noble Dolls1:54
9癇癪1:18
10Cute Girl1:02
11激しい思い1:13
12受難の日々1:29
13Battle in the House1:33
14内省2:24
15淡い想い出2:13
16孤独な心1:43
17Abstract1:39
18壊れた世界2:27
19Rose Garden0:09
20Concerto0:10
21Alice Game1:39
22薔薇の誓い1:37
23薔薇の呪縛1:49
24残忍な攻撃2:01
25おもちゃの国1:54
26宿敵2:18
27Bright Red2:47
28Neat Sister1:29
29天真爛漫1:24
30臆病者1:33
31邪悪なたくらみ1:30
32バリケード戦1:27
33かしましい彼女たち1:09
34上機嫌1:20
35Funny Dolls1:06
36Jet Fighters1:52
37Garden Party2:15
38美しい泉2:17
39朝の食卓1:47
40探偵くんくん2:09
41氷解1:43
42小高い丘にて2:53
43Change1:42
44透明シェルター(TV size)1:32myurefiomyurefi、霜月はるか
 PEACH-PIT原作・松尾衡監督・岡田麿里初脚本のアニメ「ローゼンメイデン」。
 ゴシックロリータなビジュアルにアリプロの主題歌も人気となり、アリプロの名前も一躍有名になった作品。

 音楽を担当するのは「ウテナ」「ゼロ魔」の光宗信吉氏。
 氏のハッキリした楽器使いと、クリアなヨーロピアンさがうまいこと作品とマッチ。
 オーダーとしては「光宗氏らしい、綺麗な音楽を」ということで、それが形になっているのだろう。
 このピアノの透明感と弦楽の流麗さは光宗氏ならではだ。

 全体として、上記のようなクラシカルを中心としてバラエティに富んでいる。
 打ち込み・バンドをバックにバイオリンがメロディアスに鳴る「Battle of Rose」はメインテーマであり人気曲。
 「Abstract」「壊れた世界」なども「らしい」音の響きが、ローゼンのゴシック感を生み出している。

 しかし全体的にシリアスになりすぎない、神秘的になりすぎないというのは意識されている印象。
 「Battle in the House」や、アルバム後半のコミカルな日常曲などがアクセントになっている。
 おそらくブックレットにある「ジュンの引きこもり」に対してのアプローチの試行錯誤が伺える部分だ。
 「引きこもり」という単語に対し、安易に切なさや暗い解釈をするのが正しいのか?と言う光宗氏。
 何より3曲目「困った趣味」がその象徴だろう。これがジュンに対する光宗氏の解釈の一種なのだ。

 ドール達のゴシックな神秘性、人間ドラマ部分、キャラクターへの解釈がきちんと機能した良いサントラ。
 逆に、曲単位の短さや一曲のハキハキし過ぎな部分が悪い意味でも「サントラらしさ」を出してしまってもいる。
 73分の収録時間がその弱点を薄めてくれるものの、こういうアルバムが嫌いな人もいるだろう。
 そういう方はアレンジアルバムをどうぞ。
 ブックレットには光宗氏のコメントあり。デザインはKazufumi Mori(RAM)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。