「SIMOUN(シムーン)」オリジナルサウンドトラック 2

「SIMOUN(シムーン)」オリジナルサウンドトラック 2

オススメ度 ★★★★★

発売:2006年8月30日 収録時間:65分 定価:3045円 レーベル:ビクターエンタテインメント



西村純二監督による「全員女性世界」オリジナルアニメ「SIMOUN」サントラ第2弾。
引き続き音楽担当は佐橋俊彦氏。
勿論タンゴは顔の一つだが、今作はワルツ方面が強化。
オケでも「エロティック」なSIMOUNサウンド。


No.曲名時間作・編曲作詞
1手のひらのメロディー0:49佐橋俊彦
2戦う空の果て2:25
3混沌2:35
4歴史は語る3:34
5必然と涙2:20
6明日への勇気2:07
7困惑の時2:23
8安らぎのツバサ1:38
9疑念2:13
10走れ!!2:13
11大聖堂2:25
12夕景の雲2:10
13約束の朝に2:20
14華麗なる舞踏室2:53
15シムラークルム宮国2:19
16不安の視線2:07
17空中待機2:15
18感情の向くままに2:11
19孤独な巫女2:20
20テンプスパティウムの波動2:48
21侵犯2:59
22優しい風の薫り2:39
23孤独な祈りと歌2:05
24独りの勇気1:57
25空に描く夢2:20
26伝説のリ・マージョン2:43
27翼の子守歌3:51西田マサラnishid.ロードレアモン(高橋美佳子)
28夢の終わりに0:27佐橋俊彦
 西村純二監督が贈る、全ての人が女性に生まれる星を舞台にしたアニメ「SIMOUN」。
 「性」をモチーフにしてその「選択の重み」を表現したのはかなり挑戦的で面白い設定だった。
 今作も勿論佐橋俊彦氏がタクトを取る。クオリティは一切下がらない。

 
 野崎Pによると「第2回録音において注文の変化はなかった」とのこと。
 後半音楽の為にテイストが変わったりするものだが、今作においては最初からフルスロットルの音楽展開だったので、変える必要がないという判断だ。
 とはいえ勿論変化がまるきりないわけではない。
 「SIMOUN」といえばタンゴとワルツだが、今作ではワルツが強くフィーチャーされている。
 全編とにかくワルツ、ワルツ、ワルツ!管弦楽でも「SIMOUN」の優雅なエロスが醸し出されている。
 「女性性」の音楽的表現のためにほとんどギターなどのトガリが使われていないからこそ、この特殊な世界観を音楽でお膳だてすることができるのである。

 
 勿論それを更に引き締めるのはタンゴ、アコーディオンだ。
 「孤独な祈りと歌」「独りの勇気」と、よく孤独の表現に起用されるタンゴ。
 部屋に一人籠るような雰囲気作りをするタンゴは、スケールの真逆なオケと対照となり、よりその存在感を引き立ててくれる。
 今作では単語をジャズ的に鳴らしている節もあるので、それをなお加速させている。
 また、西田マサラ氏作曲のロードレアモン役・高橋美佳子氏による「翼の子守歌」も収録。
 そこまでの流れを一切崩さないテイストのバラードになっていて、気が利いている1曲。

 
 1枚目と全く変わらない力の入り方をしている良盤。
 しかしこの2枚目のみプレミアが付いており、入手困難となっていたが、だんだん値段も落ち着いてきた。
 見かけたら買う、くらいやってもいいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。